始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。今はファンドレイジングについて勉強中。

あの日の旅行日記〜イタリア"貧乏"旅行(2)

あの日の旅行日記〜イタリア"貧乏"旅行(1) - 始まりの景色

の続き。

1997年7月24日(木)

前日で早くも旅行の予算が厳しくなってしまった。

こんなこともあろうかと・・・と思っていたわけではないが、旅行前にドイツ語版「地球の歩き方」がないかを本屋で探し、「安くイタリアを旅する本」というようなタイトルの本を買っていた。

これに頼ろう・・・と次の訪問地、フィレンツェのホテルを探した。1つ星のホテルが数件紹介されていた。

よし、電話するぞ!とキオスクでテレホンカードを買った。

が、公衆電話での使い方が分からない。

どうやって使うんだ?と悪戦苦闘していると、中学生くらいの男の子が寄ってきて、パッとテレホンカードを手に取った。

盗まれた、こんな大胆に・・・!と呆然としていると、その男の子がテレホンカードの端をパキッと折って手渡してくれた。

ただの親切な男の子だった。「グラッツェ!」とお礼を言い、電話した。

「ハロー、キャンユースピークイングリッシュ?」

「・・・ノー!」

「オー、ソーリー!」

次、

「ハロー、キャンユースピークイングリッシュ?」

「イエス!」

「オー! I want to stay tomorrow・・・」

と無事に予約ができた。

一安心して、ヴェネツィアを観光した。

f:id:izmy2009:20180506134040j:plain

[写真:聖ジョルジオ・デイ・グレーチ大聖堂をバックに]

街中を散策したり、お店が並ぶ通りを見たりした。

仮面ばかりのお店やヴェネツィアングラスのお店があった。

お土産を買う余裕ななく、ウィンドウショッピングを楽しんだ。

スーパーでコーヒー味のヨーグルトを見つけ、物珍しくて買った。

部屋で食べたら美味しくなく、またどよーんと落ち込んだ。

次はフィレンツェへ!

注:記憶を頼りに書いているため、記憶違いがあると思います。