子育てから一区切りの春

f:id:izmy2009:20220331210603p:plain

思えば、このブログで「育児」ネタはものすごく久しぶりです。

 

2022年3月をもって、一番下の息子が小学校を卒業しました。

地元の小学校では長女から足かけ13年お世話になりました。

 

それだけではありません。

 

民間学童保育のキッズベースキャンプ。

www.kidsbasecamp.com

 

こちらは長女が小学校に入学する年にオープンした店舗に入ることができ、最初は週4日通っていました。

放課後にバスで迎えに来てもらい、帰りは私が迎えに行って、保育園に通う次女と一緒に帰る日々。

長女が小1の時に息子を授かったので、妊娠中の大きくなるお腹でよく迎えに行ったものです。

長女に続き次女が、次女に続き息子が同じ店舗で放課後を過ごしました。

このキッズベースキャンプ、高学年になるとだんだん利用する子が少なくなってしまいます。ですが下の2人は6年生まで丸々お世話になりました。

私たちの住んでいるS区には当時学童がなく、長女より上の学年のお子さんではシッターさんにお願いしている人がいると聞いたことがあります。私もキッズベースキャンプがなかったら、同じようにせざるを得ない状況でした。

繁忙期には保育園で夕食を食べてもらい、うとうとしかけている時間帯に迎えに行っていたため、小学校に上がっても同じように夕食を食べさせてもらえる施設はありがたかったです。

 

同じく卒業したのは、病児保育のフローレンス。

florence.or.jp

こちらはなんと足かけ18年に。

体が弱くて病気がちだった長女。仕事を復帰した私も体調を崩しがちで、このままでは仕事を続けられそうにない・・・と悩んでいた時期でもありました。

そのときに、江東区で始めたフローレンスの病児保育のサービスが居住区まで広がると知り、速攻で申し込みました。

こちらもタイミングに恵まれました。

どちらかといえば病気にかかって治りかけた頃に、よく利用させていただきました。

その後、次女と息子が生まれて仕事に復帰する前に、フローレンスのサービスに申し込み。

 

今、思えば、そんなに仕事を頑張らなくても良かったかもしれない。

でも当時は必死で、ずっと細い細い綱の上をぐらぐらしながら歩いている状況でした。

 

ああ、よく頑張ったな・・・私・・・

3月31日にしんみりとした気持ちになりました。

 

ファンドレイジング大賞も「ナレッジ共有」が鍵なんだな

f:id:izmy2009:20220312224327p:plain

 

3月10日のランチタイムに「日本ファンドレイジング大賞よもやま話」と題してトークセッションを開催しました。このイベントはFRJ2022(ファンドレイジング・日本2022)のフリーセッションです。

jfra.jp

15人の方にご参加いただきました。

トークセッションのトピック、5つの話。

 

f:id:izmy2009:20220312224632p:plain

このセッションを企画した想いの話

このセッションは私の個人セッションとして企画したもの。前回の「第11回日本ファンドレイジング大賞」では選考委員を務め、今回は事務局として関わらせていただきました。

日本全国でファンドレイジングに奮闘する多くの活動に触れることのできる、自分自身が勉強となるとても良い機会となりました。

が、一方で、FRJではクロージングセッションで「授賞式」、webで「発表」のみ。応募〜選考〜ファイナル選考・・・の過程が表に出ることがほとんどありません。

・・・なんか、もったいない!!と思ったのでした。

選考委員の想い。ファイナル団体の優れた点。大賞受賞団体が評価された点。特別賞・協賛賞団体のこと・・・など、授賞式後に話せることがあるのでは!と企画しました。

選考を振り返っての話

ここでは選考委員長の山田さん、選考委員を務めた徳永さん・外岡さん・小川愛さんから、それぞれ、選考の振り返りのお話を伺いました。

jfra.jp

「多様な分野がファイナル団体として選ばれた。なかでも他団体との連携や、他の地域での展開という点で北長瀬エリアマネジメント(大賞受賞団体)は特筆すべき団体だった」というようなことを、選考委員の皆さんが共通してお話をされていました。最終選考は有資格者による投票で選ばれますが、選考員の皆さんからの評価でも頭一つ抜き出ていた印象でした。

「一つの団体で活動するのは限界がある。だったら、他の団体と連携してやろうじゃないか。他の地域で活動を展開するより、もともと地元で活動している団体が実行できるよう自分達のノウハウを惜しみなくオープンにする。」。まさに「ナレッジ共有」の好例だったんだなと改めて実感しました。

初の選考公募の話

ここは、私が伝えたかったパート。今回のFRJ2022は、「誰もが主体的に学び合うFRJ」と、これまでのFRJから方針を大きく変えました。JFRAスタッフではない、駆け出しフリーランスファンドレイザーの私にお声をかけてくださったのも、FRJの方針転換があったからこそで、その大きなチャレンジに自分が関わらせていただけたこと、光栄に感じています。

だからこそ、日本ファンドレイジング大賞も何か変えたい。これまでは全員指名制での選考委員を、一部、認定ファンドレイザー資格保有者からの公募にしたのは、そんな背景がありました。

一人も応募がなかったらどうしよう・・・と思っていたところ、あれよあれよと応募が集まり、今度は、全員の方にお願いするには多すぎる人数となってしまいました。

そこで、不本意ながら、ルールを設けて選ばせていただきました。

参加の方には、選考委員を今回はお願いできなかった方もいたため、その事情を直接お伝えすることができて、少し肩の荷がおりました。

 

私のイチオシ!団体の話

ファイナル団体には選ばれなかったけれど、推薦されていたこんな団体が良かった・・・というものをシェアしてもらおう、という趣旨だったのですが、自分以外はファイナル団体さんのお話でした・・・汗。

というわけで、勇み足ながら自分のイチオシ団体をご紹介。

慶應義塾大学の学生食堂、山食さんです。

camp-fire.jp

こちら、クラウドファンディングが始まったときに熱い気持ちで記事を書いたので、想いも一入・・・

izmy2009.hatenablog.com

 

第13回に向けての話

次回に向けての展望を締めに話しました。出てきたアイディアは次のとおり。

  • FRJでファイナル団体がピッチトークをして、それをもとに投票してもらう。
  • ファイナルに選考された時点で入賞とする。
  • 団体だけでなく「ファンドレイザー」個人を表彰する制度を作る。
  • 推薦時に「○○賞」を決めてもらい、それを元にファイナル団体には「○○賞」とする。

終わりに

今回、スピーカーとして登壇いただいた選考委員の皆さんからのお話を伺い、「ファンドレイジングを自団体だけでなく、他団体と連携したり、他の地域で展開したりすること」=「ナレッジ共有」が鍵なんだな、と実感しました。

充実した1時間を過ごすことができました!

2021年の総括(超私的ログ)(3)

f:id:izmy2009:20220103202038p:plain

2021年をtwilogから拾います。2021年9月〜12月。

【2021年9月】

  • 映画「総理の夫」を鑑賞。中谷美紀さんが政治家にしか見えなくて、凛として美しい。鑑賞しながら涙がじわり。良い映画でした。
  • 続いて映画「マスカレード・ナイト」を鑑賞。2時間超えを感じない展開でした。出演者も豪華。
  • ワーケーションで検索してWi-Fiあり、ホテルのロビーのみ、と書いてあるとガッカリする…検索で部屋で使えるところだけ表示してほしい

【2021年10月】

  • 初めてのクラファンに挑戦
  • クラファンがリリースされてから、何回もページを確認してしまう。
    開始から2日でもうすぐ目標額20%!
  • 作業部屋が広くなったらラボットを置くんだ・・・!!→維持費がかかると知りトーンが下がり中
  • 映画「そしてバトンは渡された」鑑賞。石原さとみさんが素敵だった。途中でバッグの中からハンカチを探すのに苦労した。

【2021年11月】

  • 久しぶりに作ったいなり寿司が美味しかった
  • カラオケで明菜さんのライブ映像でdesireを熱唱。明菜さんのダンスがしなやかで綺麗で胸熱…
  • おげんさんの録画を観ている。パペトーークすごいな!
  • クラファンは150万円超えでフィニッシュ。ありがとうございました!
  • クラファン最終日の夜、サンカクシャの取り組みをニュースZEROで取材いただきました!
  • スカパーで映画レオンを観た。何度観てもよい映画だ…ジャンレノ最高

【2021年12月】

  • 足の大きさ、息子に負けてた!
  • 長女が息子をおんぶして寝室へきた。そしてまたおんぶしてリビングへ。何しに来たんだ…(仲良し姉弟
  • 先日、子どもたちが声をそろえて「ひよってんじゃねーぞ!」と言っていて、え、なになに?となると、ママ、中高生の間で流行ってたんだよ、何年か前から。知らないの?と。うん、私、中高生じゃないんで。
  • 先週と今週で4回(!)、人前でプレゼン&録画&編集を。人前で話すのが苦手で、ましてや自分の拙い説明を見聞きしながらの編集。つらい…お陰で操作にめちゃくちゃ詳しくなったけど。

 

こうして振り返ると家族ネタはほっこりですな。忘れないようにつぶやいておこうと改めて思いました。

2021年の総括(超私的ログ)(2)

f:id:izmy2009:20220103202038p:plain

2021年をtwilogから拾います。2021年5月〜。

【2021年5月】

  • フリーランスになり、自分のwebサイトや会計ソフトFreeeを導入して奮闘した
  • 先日、久しぶりに生協をガッツリ注文した。配達は今日。物流システムトラブルでほとんど届かなかった・・・そんなこともある。
  • チェーン店だけど、サガミの味噌煮込みうどんが美味いやらあ→年末にも行ったよ!

  • 家の体重計が壊れた。電池を換えてもダメだった。
    夫が買ってくれるとのこと。
    「なんで体重計を使っているの?」そこから伝えないとダメですか?

    「…体重計で体重を計るから」
    夫「なんで体重を計るの?」
    ついに子どもから
    「やめて!ママだって頑張っているんだから!これ以上聞くのはやめて!」
    そうだ、そうだ!!→今は頑張っていない、そういえば・・・

  • 娘に冗談で「〇〇ちゃんとあたいはマブダチだからあ〜」と話していて、娘は「言葉が古い」とのことだったが、息子から「え、何?ほんと、どういう意味?まぶだち??」と素で聞かれて恥ずかしくなった。もう言わないから。夜露死苦

【2021年6月】

  • 今日、「美味しいものを食べたい、の、”美味しいもの”ってなんだろう?」という話に。お金をかければ美味しいものが食べられる。だけど「高かった」という思いが混じると美味しいという感動が薄れるんだよなあ…と。そして結論は「ケーキは美味しい」→真理に辿り着いた気分
  • 夏休みにハワイアンズを予約した♪→コロナ禍で泣く泣くキャンセルしました・・・ (TuT)

【2021年7月】

  • 次のワーケーション先は、徳島!→こちらも泣く泣くキャンセル(TuT)
  • 雨の中、母さんは傘を持たずに塾へ行った娘を迎えに行ったよ

  • 「ママ、デビルマンって知ってる?」と、息子が唐突にオープニング曲を歌い始めた。一緒に歌えてしまった。→あれは、誰だ、誰だ、誰だ・・・
  • 初めてユニクロの布マスクを着けたら、私のほっぺが喜んでいる→肌荒れしてたからね
  • 4,5月は新しい環境に慣れるのに必死で目の前の仕事をがむしゃらにやってきたけど、6月は落ち着き、7月に入り新しい仕事が並行して動き始めた。スケジュール管理ツールについては試行中だが、取りこぼしのないようにデジタルアプリを駆使する日々。→新しいアプリを色々試した
  • 昨日は21時すぎまで帰宅できず、夕食を食べ損ねてヘトヘトになって帰ると、息子がピザを焼いてくれた。冷凍ピザをオーブンで温度調節して何回か焼き具合を見ながら仕上げてくれた。ありがたや。美味しかった!→料理をたびたび作ってくれる息子がありがたい

【2021年8月】

  • CSでブルース・リーの映画を観たら、キレキレカンフー!筋肉美!ヌンチャク出てきたら「キター!」と興奮!話の展開がベタなのもまた良し。→飛行機の中で「ロッキー」を観た時以来の興奮ぶりたるや。
  • 3人劇「もしも命が描けたら」を観劇。休憩なしのノンストップで2時間、息をするのを忘れてしまいそうになるほど観入った。序盤からセリフの量が膨大な圭くん汗だく。他2人の方も熱演。いやー良かった!

 

続きます!

2021年の総括(超私的ログ)(1)

f:id:izmy2009:20220103202038p:plain

1年の初めに昨年を振り返って9年目。

2021年をtwilogから拾います。2021年1月〜4月。

【2021年1月】

  • 映画「鬼滅の刃」と映画「新解釈三國志」を同日に鑑賞。
  • 「緊急事態宣言下でも小中高大は休校せず」のニュースを聞いた子どもたちの反応。高校生「受験でほぼ授業ないから影響なし。入試あるの?」中学生「なんで行かなきゃいけないのよ!」小学生「前回が思ったより楽しくなかったから学校行く方が良い」

  • 息子に「鼻血を止めようとしているだけなのに!」と言われたが、私が注意したのは鼻ではなく、ずり落ちているズボンとパンツの方だ。
  • お昼にzoomで話していて、子どもが帰宅して電子レンジを使い始めたら、接続が切断された…!→周波数が同じだったために起きた悲劇。
  • 大学共通テストを受けた娘。帰宅したときに思いのほか元気で(疲れている様子はなく)ひと安心。「だって模試で場馴れしてるから。「モシかして、モシのおかげ?」と言うと、真顔で横を通りすぎていった・・・
  • 今日は娘とランチに行き、「このサラダのドレッシング美味しいね。アップルビネガーとか使っているのかな?」としたり顔で言うと、娘が「唇の端にレタス付いてるよ」
  • クラウドファンディング「創業83年、慶應義塾大学の学生食堂『山食』を救ってください。」を熱く見守る。ついには「山食ウォッチャー」に。→クラウドファンディングアワード2021で飲食店賞を受賞。おめでとうございます!

【2021年2月】

2月はほとんどつぶやけませんでした。退職願を出していたからです。つぶやくと何かが溢れてしまいそうで、メンタル的に不安定な日々をすごしました。

一方で、カフェの仮店長として動き出したのもこの月から。思えばカフェのことはほとんどつぶやくことができませんでした。

  • 映画「哀愁しんでれら」を鑑賞。うーん、なんとも言えない後味の悪さ…

【2021年3月】

3月もほとんどつぶやいていませんでした。有休消化中で、ワーケーションにと鉄輪温泉に出かけていました。温泉の地でずいぶんリフレッシュできました。ワーケーションの記事も近々書きたいです。

  • 息子の小学校でiPadが配られ、夜は息子と世界地図パズルにチャレンジ。圧倒的にヨーロッパが強い。次にアジア。アフリカとラテンアメリカの国は混同しがち。楽しみながら覚えるのって良いね😊

【2021年4月】

  • (ご報告)フリーランスファンドレイザーになりました
  • 東京ドームシティに長女と行き、サンダードルフィンというジェットコースターに軽い気持ちで乗ったら…めちゃくちゃ怖かった…私、ジェットコースターから引退します…😭→体力と気力の限界を感じた
  • 宣言下でも出勤せねばな状況。今週で終えたい。→4月下旬は助成金の経費精算のために休日返上で働いていた記憶が。

 

続きます!

知らなかった!クラウドファンディング〜実践編

f:id:izmy2009:20211017185127p:plain

 

初めてのクラウドファンディング、実践編です。

10月1日から、クラウドファンディングに挑戦しています。11月24日23時まで。残りあと10日ほどになりました。

readyfor.jp

準備編は、こちら↓

 

izmy2009.hatenablog.com

 

スタート2〜3週間は毎日新着情報を発信していく

クラファンのプロジェクトページの審査がおり、予定とおりの公開が決まり、ほっと一息・・・というわけにはいきませんでした。

スタートから2〜3週間は、途切れることなく、毎日、新着情報を更新するのが良いとのこと。

内容は、

・イベントの予告

・イベントの開催報告

・日常の報告

・応援メッセージ

・リターンについての説明

など。

意外だったのは、「ストーリーを切り出して新着情報として記事にすること」。ストーリーは長文のため、記事を切り出すことで、より内容を理解してもらえるようになる。目から鱗でした。

ボランティア学生にも協力してもらい、せっせと新着記事を作成していきました。

FBライブやzoomイベントでこまめに情報発信をしていく

これまで、Facebookライブを2回、10月16日にzoomで実践報告会を開催しました。

Facebookライブは、配信動画をアーカイブとして残すことができるため、見逃した人にも届けることができます。動画のページのアクセス数が総じて高いのも魅力的。

zoomでの実践報告会は、時間をかけて活動の内容を説明したり、参加者からの質問に答えることができます。

クラファン期間中にどちらもできるよう、あらかじめスケジュールを組んでおくと良いでしょう。

寄付者の氏名がわからない

All or Nothing方式の場合、達成しないと寄付者の情報を見ることができません。また、郵送するリターンがある場合、住所の取得時に寄付者の氏名がわかりますが、リターンがメールのみの場合はメールアドレスとニックネームでも支援ができるため、本名を知ることができません。

特にクラファン初期は、スタッフ知人か既存寄付者からの寄付がほとんどのため、ニックネームで寄付いただいた方については、団体内で「知人かどうか」「心当たりはあるか」をSlackで確認し合い、心当たりのあるスタッフからも直接お礼をしました。

自団体の購入率が高いのか低いのかがわからない

クラファンの管理画面で表示される、ページ訪問と寄付者から算出される「購入率」。どれだけ調べても、平均値などが出てこないので(自分の調べ方が悪いだけなのかもしれませんが・・・)、この購入率が一般的に高いのか低いのか、さっぱりわかりません。

ただ確実に言えるのは、「団体内の経験値を積んでいく」ことなのかなと・・・

クラファンを何回か経験することで、その団体独自の「基準値」ができてきて、その「基準値」を元に、ページ訪問者を増やすための努力、寄付者を増やすための努力が必要となることは、間違いありません。

READYFORからの案内メールが嬉しい

今回、シンプルプランのため、節目にメールが届く程度ですが、このメールや参考ページ(サプリ)の内容が親切で、感動しています。

多くのプロジェクトを手がけているプラットフォームならではの「成功の法則」がぎゅっと濃縮されていて、非常に参考に。

私たちのプロジェクトの結果も、間接的ながら、これからチャレンジするプロジェクトに貢献できているのかなと考えると、「ファンドレイジングのエコシステム」を感じています。

 

クラウドファンディングネクストゴールに挑戦中!11月24日23時までです!

あの日のドイツ留学記〜エピソード3ソナチネを観て「やる気がしねーよ」

f:id:izmy2009:20211102214418p:plain

注:記憶を頼りに書いているため、記憶違いがあると思います。

izmy2009.hatenablog.com

続きです。

今回は、ドイツで観た日本の映画について。

ソナチネ

学生寮で隣の部屋の友人C君が「日本の映画を字幕上映するらしいから、一緒に観に行かない?」と誘ってきました。

この友人は、私の前に滞在していた日本人学生(女の子)と仲良くなり、その子は帰国したため遠距離恋愛中。日本語の学習に熱心でした。吹き替えではなく字幕上映はドイツでは珍しく、せっかくなら観にいこうと思ったようです。

映画は北野武監督の「ソナチネ」。北野映画を観たことがなく、あまり前知識がないまま出かけました。映画館はかなり埋まっていたように記憶しています。

映画を観終わった帰り道。

「Izmy、僕の知っている"Ich weiss es nicht."は日本語で"しらない"。なのに、映画では"しらねーよ"って言っていたのはなぜ?」

「あーそれは、口語で、"ない"を"ねー"や"ねーよ"って、主に男の人が口にする表現。女の人はあまり言わない。」

「そうなんだ・・・」

数日後。

「Izmy、僕は課題をやらなくてはいけない。"やるきが、しねーよ"。あってる?」

「うん・・・」

彼女に「誰に教わったのよ!」と怒られるんじゃなかろうか、と余分な心配をしつつ、C君はとても満足気でした。

 

愛のコリーダ

映画といえば、もう一つ。ある日、部屋のテレビで何やら日本の映画をやるらしいと知りました。

ドイツ語でタイトルは"Im Reich der Sinne"。

Reich=リッチ? Sinne=??

かなり古い映画らしい。

と、何気なく観ると・・・

これは・・・!!

大島渚監督の「愛のコリーダ」ではないか!

しかも、ドイツでは無修正版。

え???!!!いやいや???!!!の連続。

そして延々と続く濡れ場シーンに段々つらくなり・・・最後までは観られませんでした。

翌日、韓国人の友人が「昨日の日本の映画・・・すごかった・・・」と話しかけてきました。

 

 

留学期はまだ続きます。