始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。今はファンドレイジングについて勉強中。

FRSゼミ「ファンドレイジング戦略レビューの会」でのプレゼンを終えて

自団体のファンドレイジング戦略をプレゼンすることになりました。

これまでの応用ゼミの集大成です。

FRSゼミ:「ファンドレイジング戦略立案(1)」に参加して - 始まりの景色

FRSゼミ「ファンドレイジング政策立案(2)」に参加して - 始まりの景色

加えて、認定ファンドレイザー研修のレポート課題の改訂でもあります。

 

気づけばここ数ヶ月、週末がずっと仕事or子どもの学校行事or法事(帰省)orスクールで埋まっていて、なかなか休まらない日々が続いていました。

 

プレゼンは2018年11月17日。プレゼン資料の提出期限は2日前の15日。

心身ともにヘトヘト・・・状態の中、プレゼンの練習は数回程度。もっと練習した方が良いという気持ちと、もう休んだ方が良いという気持ちで揺ら揺らしながら当日を迎えました。

 

プレゼンは一人10分。事前にフィードバック担当が2名指名されていて、プレゼン後の15分でその2名とファンドレイジング協会の鵜尾さん・鴨崎さんからのフィードバックを受けます。それ以外の参加者は、フィードバック・シートに「良かった点」「改善した方が良い点」を書いて、直後に渡します。

 

なので、プレゼンを聞いている間もずっと集中していることになります。これが想定外にヘビーでした。

 

自分のプレゼンは少し時間が足りず、後半で駆け足になってしまったのが反省点。

以下、スクールの皆さんからのフィードバック。

改善した方が良い点の主な内容。

  • 高額者向けのアプローチは具体的にどんなものかを示した方が良い。
  • アクションプランの案についての説明がもう少しあっても良かった。
  • アクションプランによって財源がどのくらい増えるかを示すと良い。
  • 寄付が増えることで受益者がどう変わるかをより描けていると寄付に繋がり安くなるのでは。
  • 海外のモデルを調べてみると良い。
  • 差別化をどうできるか、その差別化要因を提示すると良い。
  • 支援者層の分析をもう少し丁寧にフォーカスしても良かった。
  • トライアルの結果を今後の方針に含めると良いアクションプランができるのでは。
  • 事業実施の必要性がよりわかりやすく示されると良い。
  • 寄付者へのヒアリングを行うと具体案が広がるのでは。
  • 長期視点・短期視点に分けた説明があるとわかりやすい。
  • 潜在層の裾野の広がりが欠けているのが残念。

はい、色々とご指摘ありがとうございました。

 

はー、やれやれ、いずれにせよ終わった終わったと思っていたら、終了後に事務局からメールが。

「ブラッシュアップしたレポートを提出してください(修了要件)」

え!?そうだったのね・・・が、がんばる・・・(その前に休む)

 

FRSゼミ:リーダーズセッション(宮城治男さん)に参加して〜U理論と学習する組織の再考

ファンドレイジングスクール の授業も残り数える程となりました。

 

2018年11月13日(火)、スクール3回目のリーダーズセッションに参加しました。

 

この日の講師は、特定非営利活動法人エティック代表理事の宮城治男さん。

 

実践型インターンシップ・社会起業・起業支援 NPO法人ETIC.(エティック)

 

宮城さんは「講演は得意ではないので」とのことで、ご自身のこれまでの活動についてお話されたあと、時間の大半はダイヤログに費やされました。

 

宮城さんの活動は多岐にわたります。

 

その活動の一つ、新公益連盟。

www.shinkoren.or.jp

また官民協働事業をいくつか関わっていて、その一つにトビタテ!留学JAPANがあるとのことでした。え!?

www.tobitate.mext.go.jp

確かにこれも社会を良くする、そのために若者の海外留学を促進するという大キャンペーン。こういう活動に関わっているとのこと、ここでお話を聞かなければ知らないままでした。

 

常に「社会を良くしたい」ために行動する、という信念を感じました。「儲かる、儲からない、で言えば、儲からない。でも、儲からないことの方が、社会的なインパクトを与えることができる」とお話されていました。

また繰り返し、「価値観は常に変わっている」「社会はエコシステム」「自分は教育者」と語っているのも印象的でした。

 

お話を聞けば聞くほど、"U理論"と"学習する組織"を実践している方だなあという思いに。

 

U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

 

 

学習する組織――システム思考で未来を創造する

学習する組織――システム思考で未来を創造する

 

 

常に価値観が変化していく中で、社会を良くするために自分は何をしたら良いか?

まだその答えには行き着いていませんが、「常に考えること」「とことん考えること」の大切さを改めて感じました。

 

親キャリ勉強会「モヤモヤとワクワクとシュクシュク」に参加して

親になったわたしたちの勉強会、略して「親キャリ」。

oyacareer.jimdo.com

7シーズン目。2回目の勉強会に参加しました。

前回は参加できなかったため、久しぶりの参加です。

2018年11月11日(日)、ポッキー&プリッツの日

というわけで・・・

f:id:izmy2009:20181111091229j:plain

多種類のポッキー&プリッツをポリポリ食べながら、スタート。

 

参加者は10人。

ファシリテーターは主催のかぶりえさん。

 

自己紹介、近況を話したあと、今回のテーマ「モヤモヤとワクワク」について話し合いました。

基本はフリートークながら、キーワードをささっとメモしていく、かぶりえさん。

「あなたのモヤモヤはどこから?」

 

・モヤモヤは在り方と行動の不一致と繋がっている「なんで私が・・・」

・モヤモヤは自分が腹落ちしていないこと、理解されないことと繋がっている

・反応してしまう「ちょっと待ってスイッチ」

・ワクワクとモヤモヤは表裏

 

続いて、「モヤモヤとワクワクとシュクシュク」の関係を、グループに分かれて話し合いました。

グループ毎に異なる図式で表現されました。

 

モヤモヤは、現在。

未来への行動が、シュクシュク。

ワクワクは、未来の在りたい状態。

 

毎度のことながら、参加者の熱い気持ちと冷静な分析で(まさに「冷静と情熱の間」!)、自分の考えが深まり、多くの刺激を受けました。

毎回、刺激が多すぎてなかなかブログとしてまとめられないのが難点ですが・・・

 

3時間のセミナーのあとはランチ。

ランチでも色んな話で盛り上がりました。

 「幸せになる勇気」と「自分の小さな『箱』から脱出する方法」が話題に。

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
 

 

みんな、色んな本を読んでいるなあ。

私も積ん読を解消しないと・・・と思いました。

 

 

 

 

 

FRSゼミ「ファンドレイザーのキャリアを描く」に参加して

2018年11月10日(土)、ファンドレイジングスクール の応用ゼミ「ファンドレイザーのキャリアを描く」に参加しました。

 

講師は、フリーランスのファンドレイザー、浅井美絵さん。

5月の研修以来、2回目のお世話になりました。

ファンドレイジング研修「信頼のコミュニケーション基礎編」に参加して - 始まりの景色

 

浅井さんはファシリテーションスキルが高く、いつもお上手だなぁと感嘆してしまいます。

この日のワークは「あなたが5年後、または10年後に実現したいことは何ですか?」の問いに対して、「その未来に行って、成功した自分をインタビューしてもらいましょう」というもの。

3人 1組でグループを作り、インタビューを受ける人以外の役割は、一人がインタビュアー、一人が記録係。

インタビュアーはサンプルの質問がありましたが、それにこだわらず、気持ちよくインタビューを受けられることに心がけて質問を続けるように、とのこと。

「どうしてそういう目標を立てたのですか?

「どういった点が苦労しましたか?」

「具体的にどういったことが実現できたのでしょうか?」

「成功した秘訣は何ですか?」

といった質問がされました。

最後に、記録係から、「こういう内容が印象に残った」というフィードバックを受けます。

何だか照れくさいような、嬉し恥ずかしいようなウフフ、という和やかな雰囲気で、三人のワークが終了しました。

浅井さんからの「嬉しかった、悔しかった・・・という感覚は残ります。未来は推測ですが、その時々の感覚を大切にしていきましょう。」との言葉。確かにそうだよなぁ・・・

私の大切にしている考え方「プランドハップンスタンスセオリー」にも通じるよなと思いながら聞いていました。

allabout.co.jp

キャリアを描く3つの要素"Will"(やりたいこと)、"Can"(活かしたい経験やスキル)、"Must"(役割として期待されていること)に、プラスアルファで"Love"(好きなこと)を入れましょう、とのお話がありました。

私の好きなこと・・・

・旅行に行くこと(特にヨーロッパ、そして一人旅!)

・語学の勉強をすること(これまで触れた言語は英語、独語、仏語、イタリア語、スペイン語スロベニア語、ハンガリー語、ロシア語、スウェーデン語、フィンランド語、エストニア語・・・11言語!)

・ストレングスファインダーを考えること

好きなことは列挙するときりがないな!

 

働き方について。「独立・起業」「組織勤務」「プロボノ・ボランティア」。ここでもワーク。立ち上がり、「今の自分」「5年後の自分」「10年後の自分」の働き方をマッピングのように動いて表現しました。ゆるゆると参加者が動いていくのを見ると、自分も動きたいな・・・という気持ちになる。10年後は動いてみました。

 

自分のキャリアステップを描いて、この日の研修は終了。

 

キャリアの語源は車輪の轍。

未来を考えるのは得意ではないけれど、これまでの轍を大切にしよう、と改めて思いました。

 

今日の気づき

・買ってから開いていない、来年の「逆算手帳」に書き込もう。

 

ファンドレイジングスクール 「リアルケーススタディ」のプレゼンを終えて(振り返り)その2

ファンドレイジングスクール 「リアルケーススタディ」のプレゼンを終えて(振り返り) - 始まりの景色

の、続き。

2018年10月20日(土)、リアルケースタディの最終プレゼンがありました。

流れは次のとおり。

複数名によるプレゼン10分、団体の代表さんと事務局長さん、ファンドレイジング協会の鵜尾さん、鴨崎さんによるフィードバック15分。

全チームのプレゼン後、全体講評と気づきのシェアの時間。

 

どのチームも、フレームワーク分析から具体的な提案まで、綿密になされていました。かつチームの着眼点が異なり、5チーム5パターンの提案が出てきたことも印象的でした。

 

団体からの主なコメント。

  • 効果が現れるまで時間がかかってしまう提案は、その費用を回収できるか、という費用対効果が実現に向けてのポイントとなる。
  • 自団体が"アドベンチャー型"(支援者の7割が20代男性)なのだと再認識した。
  • 支援者の多くを占める若年層の"親御さん"という接点はこれまで取り組んでいなかったため、前向きに検討したい。
  • 寄付強化月間を今後は設定したい。

 

協会からのコメント

  • 団体が提供しているサービスのコアバリューが、いかに社会にインパクトを与えているかを可視化する必要がある。
  • 若者を軸とするか、シニアを軸とするかで、「響くメッセージ」「内容」「チャネル」は異なる。それぞれの「メッセージの届け方」を意識して設計することが大事である。
  • 支援者が若年層の場合、受益者だけでなく、支援者も一緒に成長する"weストーリー"を設計する。

・・・当日は色々と刺激を受けてメモしたが、日数が経過すると「・・・結局どういうことなんだっけ?」と思うようなことも。やはり、すぐに記録に残さないとダメだな・・・

ファンドレイジングスクール 「リアルケーススタディ」のプレゼンを終えて(振り返り)

SEO対策」という言葉、ファンドレイジングスクールで初めて知りました。

SEO=Search Engine Optimization、日本語で「検索エンジン最適化」。

Googleなどの検索サイトでキーワードを入力した際、上位に表示されるには・・・というもの。

今回のリアルケースタディで教材となった団体でも、SEO対策をしていて、「どういうキーワードだと上位に表示されないか」を気にしている様子でした。

 

で・・・自分のこのファンドレイジングスクールの記録、どう検索したら上位に入るかな?と、興味本位で探ってみました。

検索ワード:ファンドレイジングスクール 参加してみた

ダメだ、1ページ目にかすりもしない。

検索ワード:ファンドレイジングスクール スクール生 ブログ

2番目に出た!入学の時の記事だ。

izmy2009.hatenablog.com

ふむふむ・・・意気込みがすごい。そして「やること」が全然できていない・・・!!

 

当初の目的から外れてしまいました。

 

2018年8月4日(日)午後から、ファンドレイジングスクール の後半を占める「リアルケースタディ」が始まりました。

アルケースタディは、実在する団体を教材として、グループでファンドレイジング戦略を考える、というものです。

初回ではグループメンバーの発表とオリエンが行われました。

その後のスケジュールは以下のとおり。

  • 8/18:団体からの直接のヒアリングおよび質疑応答
  • 9/5:中間共有
  • 9/26:中間共有
  • 10/20:最終プレゼン

この間にメールによる資料提供と質疑応答、そしてグループでミーティング・情報共有・プレゼン資料の作成が含まれます。

私のグループでは情報共有ツールとしてMessengerを使用。

団体からのヒアリングという貴重な機会に旅行を計画していたため、旅行中もヒアリングやグループミーティングの内容をMessengerで共有してもらいました。

グループメンバーの方の寛大な対応に救われ、2回目のミーティングは私の都合優先で調整いただきました。

そんな中、父親が亡くなり、2回目のミーティングも参加できなくなってしまいました。

グループワークにちっとも貢献できないという申し訳ないという気持ちが先立ち、せめても・・・という思いで最終プレゼンのプレゼンターに立候補しました。

プレゼンは得意ではありません。日常業務でプレゼンする機会はなく、苦手意識が先行していて、認定ファンドレイザー試験のプレゼンもうまくいかなかったのは以前の記事で書いたとおり。なので、唯一の対策「発表原稿を書いて何回も練習する」ということを心がけました。

最後のグループミーティングでリハーサルをしたところ、時間オーバー、スライドとタイミングが合わない・・・など課題が。

原稿に「ここでスライドを送る」という動作を加えてみたら、流れが頭に入ってきました。

あとはひたすら練習・・・というほどはしていないけれども。

当日朝に家で3回、直前に公園でもう1人のプレゼンターと通しで2回。

何とか時間内に収まりそうだ・・・という安心感で迎えた本番。

緊張して自分の持ち時間を15秒オーバーしてしまいましたが、もう1人の方の安定したプレゼンで、持ち時間10分きっかりに終えることができました。

終わった・・・

これで少しはガチガチの肩がほぐれるだろうか。

自分のことばかり書いてしまったので、リアルケースタディの内容と気づきは次の記事で。

 

 

 

 

 

ファンドレイジング研修「寄付税制から考える寄付するメリットの伝え方」

ファンドレイジングスクールの選択必修「会計・税務・法務・リスク管理」カテゴリーの研修を受けてきました。

2018年10月6日(土)、「寄付税制から考える寄付するメリットの伝え方」。

講師は認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク理事長の脇坂誠也さん。

www.npoatpro.org

 

研修の前半は、寄付税制に関する講義。

「寄付税制の適用がない団体へ100万円寄付した場合、税制上の取り扱いは『寄付をした100万円は手元に残らないが100万円に所得税や住民税が課税される』。このボトルネックを解消しましょう、というのが税制上の優遇措置の趣旨」という説明がわかりやすかったです。

それよりも気になった、「Yahoo!ネット募金」の話。

脇坂さんは何気なく「Yahoo!ネット募金は任意団体ですから、税制上の優遇措置は受けられない」と言った一言が気になりました。

Yahoo!ネット募金のプロジェクトで、プロジェクトオーナーYahoo!基金となっているサイトにて「Yahoo! JAPANが2006年に設立した非営利の任意団体です。」と記載がありました。

改めてYahoo!基金で検索。

kikin.yahoo.co.jp

 

なるほど・・・一つまた知識が増えました。

 

所得税の計算方法と寄付控除の2つの可能性、「所得控除」と「税額控除」。准認定ファンドレイザー必修研修で受けた内容の復習でした。

 

「税額控除で、所得税額と寄付金の合計額が同じになるのはいくらの寄付をした場合か?」という質問も興味深かったです。

答えは「税額控除の対象となった寄付金の額を0.6で割り戻す」。計算式がないと分かりづらいのですが・・・「分かりづらいのであれば、おおよそ、0.5で割り戻す、つまり寄付金額の約2倍弱と考えてみてください。」おお、なるほど・・・

つまり、同額の所得税を払う場合、「税制優遇団体に寄付をすると、優遇がない団体に寄付をするよりも、多くの寄付をすることができる」ということになります。

 

次はワーク。

配布された資料は寄付者向けに寄付税制について説明したもの。28団体。この中から、分かりやすいと思う資料をグループで3つ挙げ、その理由を話し合いました。グループの後は全体での総括。

 

主なものを紹介。一つ目はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」。

www.furusato-tax.jp

シミュレーションで寄付の上限額を簡単に知ることができるサイト。これがあると本当に便利。ただし、だからと言ってこの仕組みを各団体で作って維持するのは難しい。

これはNPO団体などが共同でシミュレーションサイトを作成し、NPO団体でリンクを貼ると便利なのでは?と思いました。

 

2つ目は「認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度を作る会」。

 

サイトよりも配布用に作成されたフライヤーの方が分かりやすい。

http://www.npoweb.jp/wp-content/uploads/2017/12/seidochirashi_kojin_A4_170601kaitei_fix.pdf

一つ難を挙げると、「Supported by 日本財団」のロゴの方が目立っていて、つい「日本財団のチラシ」と言ってしまうこと。シーズさんの存在感が薄まって勿体無い気がします。

 

3つ目は認定NPO法人フローレンス。

florence.or.jp

税制制度について説明を始める団体があるなか(ちなみに大学はこのパターンが多い)、フローレンスでは「年間で1万円寄付した場合」「年間で5万円寄付した場合」のシミュレーションが示されていて直感的に分かりやすい。さらに、クレジットカード・銀行振込のそれぞれの場合の受領日が示されていて、「受付は○日まで」と明記されている。とにかく寄付初心者に分かりやすく丁寧。

フローレンスではさらに「寄付を通じて社会を変える」ことを同じページで説明しているのも素晴らしいなあと思いました。

 

今日の気づき

  • 寄付金控除を単に「納める税金が減額=お得」という観点だけでなく、「同じ税金を納めても社会課題へ直接関わることのできる手段」という観点で捉えることができる。
  • 寄付金初心者に向けての丁寧な説明が、寄付への心理的ハードルを下げる効果があると思う。
  • Yahoo!基金は任意団体のため寄付控除を受けられないが、Yahoo!JAPANの社会的信頼度の高さで、人気YouTuberがこのサイトを通じての寄付を呼びかけるまでに至っている。

 

寄付税制から考える寄付するメリットの伝え方 | イベント・研修・スクール | 日本ファンドレイジング協会