始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。今はファンドレイジングについて勉強中。

FRSゼミ:リーダーズセッション(米良はるかさん)に参加して

現在通っているスクールが始まる頃に、「マネーという名の犬」という本を読んでいました。

マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

 

 ふとしたきっかけで主人公の家に来たマネーという名の犬が、主人公に話します。

「何かやろうと決めたら、かならず72時間以内にやること。72時間以内にやらなかったら、きっと二度とやらないよ。」

おお、これだ!と思い、スクールの授業レポートを72時間以内に書くようにしています。

 

ですが、今回は、思うように進みません。何度も書いては消しています。

 

なぜだろう?

 

インプットが多すぎで、自分のアウトプットがうまくいっていないから。

また、営利企業のPR記事みたいになってしまったから・・・

なので、思い切って、会社紹介のような箇所は省きました。

------------------------------------

久しぶりに事前課題がない授業です。

2018年7月3日(火)、リーダーズセッションに参加しました。

 

講師は、Readyfor株式会社代表取締役CEO米良はるかさん。

国内クラウドファンディングの先駆け的存在。

米良さんが留学先の米国で資金調達な一手法であるクラウドファンディングを知り、2011年に日本語で「クラウドファンディング」と検索するとヒットしたのは1件のみ。しかも意味が違う内容のものだった、とのこと。今では、「聞いたことがある」人の割合を調査したところ50%あり、感慨深いとのことでした。

 

今ではクラウドファンディングのプラットフォームは数多くあり、正直、違いがよく分からず・・・よくまとまっている比較サイトを見つけたのでご紹介。

www.en-jine.com

 

クラウドファンディング自体に疎いため、何から何まで勉強になりました。

  • クラウドファンディングにはAll-inとAll-or-nothingがある。
  • プラットフォーム会社により、手数料が異なる。手数料が高いほど伴走型、つまり各種サポートが受けられ、手数料が低いほど自助努力が求められる。
  • 成功率も会社を選ぶポイントとなる。
  • クラウドファンディングを単なる資金集めだと考えるのは勿体無い。社会的課題の認知度アップや、潜在層の開拓なども期待できる。まさにシナジー効果
  • さらに、金額別のメニューを用意するためドナーレンジチャートが自動で作成され、応援コメントからは支援者像(ペルソナ)が把握できる・・・通常の寄付で時間をかけて行う分析データが容易に入手できるのが魅力。

 

一方で、All-in方式の場合、思うように集まらなかったけど手数料は契約とおり支払うとなるとプラットフォームが儲かるだけでは!?と穿った目で見てしまいそうです(ReadyforはAll-or-nothing方式)。

 

既存のファンディング、  通常寄付・補助金助成金・融資から溢れてしまうようなチャレンジをクラウドファンディングのおかげで集められるかもしれない、というのは大きな魅力だと思いました。

 

今日の気づき

  • ファンドレイジングの一つとしてクラウドファンディングを設計に盛り込むようにしてみよう。適しているプロジェクト、適さないプロジェクトを見極めよう。
  • 「社会課題を解決する仕組み」と身構えず、「誰かの何かを応援したい、という気持ちを後押しする仕組み」とフランクに考えてみる。
  • 実際にクラウドファンディングで資金調達経験のあるスクール生のお話も聞きたかった。

 

FRSゼミ:「ファンドレイジング戦略立案(1)」に参加して

ゼミが始まりました。

 

<事前課題>

「自団体のファンドレイジング戦略」を作成する。

  • 自団体の現状 (事業、組織、財源の3要素を意識して)
  • 自団体の「課題」の全体像(できるだけ、包括的に「課題」を表現)
  • その「課題」を、どこから優先的に改善/解決していくかの現時点での自分の仮説

 

事前課題から提出期限まで、約2週間。2回の週末を挟んでいたため、比較的時間をかけて取り組むことができました。

自分は、これまでの授業を学んだことを元に、事業・組織・財源の強みと弱み(課題)、ドナーレンジチャート分析、属性分析、ステークホルダー分析を交えて、課題を解決するための方策の仮説を立てました。

 

2018年6月30日(土)、12時30分からスタート。

事前課題を一人ずつ発表します。

持ち時間は5分。質疑応答含めてトータル12分。結構タイトなスケジュールです。

最初に、ファンドレイジング協会代表理事の鵜尾雅隆さんから、今日の授業に当たっての心構えについて「ただ聞くのではなく、常に、『自分だったらどう話すか?』を意識して聞いてください。」とのお話がありました。

2つのグループに分かれ、車座になりました。私のグループにはファシリテーターとして、鵜尾さんが加わりました。

NPO法人、公益財団法人、プロボノとして関わっている団体、営利企業教育機関と、様々なバックグラウンドの方が集まり、まさにリアルケーススタディの嵐状態です。

前半が終わり、鵜尾さんから「この後の発表では、質問というより"提案"を出すようにしましょう」と言われました。前半、ほとんど質問すらできずにいたので、さらに難易度が高まりました。

各発表での鵜尾さんコメント。

  • 財源間(寄付・助成金・事業収入)の相乗効果を意識する。
  • 国内、海外の似たような団体で参考にならないかを調べてみる。
  • ステークホルダーピラミッドを活用する。
  • 自団体のポジショニング、どういった点が「オンリーワン」なのかを考えてみる(ポジショニング設計)。
  • ストーリー設計、マーケティング設計をする。
  • 「なぜ支援してくれているのか分からない」という場合は、アンケートまたはグループヒアリングをしてみる。
  • 寄付活動で何かしらの反応があった場合には(ポジティブでもネガティブでも)どういう内容の反応があったか、なぜそのような反応があったかの「棚卸し」をする。

発表終了後は、事務局長の鴨崎貴泰さんから、認定ファンドレイザーテキストの「適用化チェックリスト」について、「このチェックリストを自身の理解度チェック、自団体の設計チェックとして活用してください」とのこと。改めて見てみると、まだ実現できていないことが目についてしまいます。

しかしながら、すぐに「戦略」「アクション」と考えてしまうのは時期尚早。焦らず、冷静に、自団体を分析することの重要性を再認識しました。

終了は16時。休憩を挟んでいるとはいえ、3時間半の濃密な時間を過ごしました。

 

今日の気づき

・人の話を"ただ聞く"のはもったいない。常に「何を質問するか」「何を提案するか」「自分だったらどう話をするか」と意識してみよう。

・これまでの授業を振り返り、活用できるフレームワークをとことん活用しよう。

 

 

あらゆる情報を整理してログとして残そう

2週間ぶりのファンドレイジング・スクール の授業に向かう途中。

「これまでの授業で何を得たのだろう?」と考えてみました。

マーケティングという手法。

ステークホルダーピラミッド、「既存」→「過去」→「新規」層。

「事業」「組織」「財源」の三位一体。

うん・・・

徹底的に「自団体のミッションは何か?」「自団体を支えてくれているのはどういった方々なのだろうか?」「どういったことを期待されているのだろうか?」「どこに課題があるのか?」と考えることなんだな、と思いました。

自分に当てはめると。

まだデータの整理が足りない。分析が足りない。情報が整理されていない。

他団体を参考にしよう、という段階までなかなか辿りつけません。

が。

まずは、あらゆる情報を整理しよう。

ログとして残そう。

と、改めて強く思った時に、電車が最寄駅に着きました。

濃い時間の始まりです!

(スクールの様子は別途ご報告します。)

FRSアドバンス研修「ケーススタディから学ぶ、効果的な寄付会費プログラムとは?」に参加して(2)

FRSアドバンス研修「ケーススタディから学ぶ、効果的な寄付会費プログラムとは?」に参加して(1) - 始まりの景色

の続きです。

2018年6月12日(火)19時から、研修がスタート。

講師は、前週と同じく、山元圭太(ヤマゲン)さんです。

今回も、1人の方のプレゼンを聞くところから始めました。

資料を熟読されていて、私のテキスト読み込みはまだまだだなぁ・・・と反省。

プレゼンを聞いてから、「グッドポイント」「ブラッシュアップポイント」をそれぞれのグループで話し合い、発表しました。

今回は、設問ごとにヤマゲンさんの解説がありました。

 

1.この団体のステークホルダーピラミッドを作成する。

f:id:izmy2009:20180613205755p:plain

[画像:自分が作成したステークホルダーピラミッド。まだまだ改良の余地はありそうですが・・・図があった方が分かりやすいかと思いアップします。]

  • ステークホルダーを作成する意義。ステークホルダーは「既存」→「過去」→「新規」の順。この「既存」=支援者層、または主体者層にどう働きかけるか。団体にとっての重要なステークホルダーを整理するツールとして有効活用してほしい。
  • 事前交渉の必要性。スタートダッシュが肝心となる。寄付目標額の30%の内諾を得られると、目標額を達成できる可能性が高くなる。大口寄付者へ丁寧な個別交渉が必要である。

2.寄付キャンペーンの設計内容。名称 ・目的 ・特典などの訴求要素・主なステップアップ導線・会員が増える具体的仕掛け。

  • キャンペーンの名称は、「危機感」「仲間感」「希望感」が伝わるものを考える。今、思い浮かぶキャンペーン寄付の名称と言えば?→Because I am a Girl(プラン・インターナショナル・ジャパン)、1L for 10L(ヴォルヴィックのコーズマーケティング)、一口城主(サイトを見たら今は"復興城主"になっている!)(熊本城)など。
  • 自分がコンサルする団体では、「一人100個の名称を考えること」と課題を出している。それぐらい、名称にはこだわってほしい。
  • キャンペーンの目的を設定する意義。今回は、理事長からの急な指示による緊急支援である。対外的だけでなく、対内的、チームビルディングとしても目的の意義を確認して明示する必要がある。
  • 特典を考える時には、「誰に対して?」というペルソナを思い浮かべる。対価性は必ずしも必要ではない。例えば「招待制の報告会の開催」は、支援者の参加を促しさらに仲間感を醸成する好例ではないだろうか。
  • ステークホルダーピラミッドに基づく、ステークホルダー別のアプローチを検討することも重要である。

3.寄付キャンペーンページのランディングページ案を作成する。

  • キャンペーンは、「いかに盛り上げるか」「自然な形で何度もページを見てもらい、寄付してもらえるか」という視点で。例えば期間中ブログを書いてアップすれば、都度更新というニュースが生まれる。
  • 達成度とページの修正などの方針は、事前に「どのタイミングでどう軌道修正をするか」ということを決めておく。

最後に、ヤマゲンさんがファンドレイザーという仕事について、

「ファンドレイザーは、ファンドレイジング(財源戦略)の支援という"機能支援"だけの仕事ではありません。組織支援→他セクター支援→生態系支援と、社会の問題を解決するための支援全般に関わることのできる、やりがいのある仕事です。皆さんもぜひその担い手になってください。」

と熱く語る姿が印象的でした。

 

今日の気づき。

  • 1000の団体があれば1000通りのステークホルダーピラミッドがある。自団体にとっての重要なステークホルダーを整理するツールとして有効活用しよう。
  • 次のステップ、「重要な層に"刺さる"ためにすべきこと」をブラッシュアップして行こう。

ケーススタディから学ぶ、効果的な寄付会費プログラムとは?(1科目から受講できる単科研修) | イベント・研修・スクール | 日本ファンドレイジング協会

 

 

FRSアドバンス研修「ケーススタディから学ぶ、効果的な寄付会費プログラムとは?」に参加して(1)

3週連続の夜間スクール、アドバンス研修の最終回です。

今回の課題。

<事前課題>

南スーダン難民の状況を踏まえ、緊急支援のための寄付キャペーンを今月末から開始するよう、理事長から指示があった。

  1. この団体のステークホルダーピラミッドを作成する。
  2. この団体が寄付キャンペーンを設計する場合、どのような内容にするか、名称、 特典、参加したくなる要素などを考えたうえで、ピラミッドを考慮に入れた具体的なステッ プアップ導線やそのための業務マネジメントなどを具体的に検討する。
    寄付キャンペーンについて、以下の項目を別添のワークシートに記載。
    ・名称 ・目的 ・特典などの訴求要素(3 つ以上) ・主なステップアップ導線(上記の問の図表に追記。それぞれの導線の優先度も検討) ・会員が増える具体的仕掛け(3 つ以上)
  3. 寄付キャンペーンページのランディングページ案を作成する。

今回も徳永洋子さんの本を参考にさせていただきました。

非営利団体の資金調達ハンドブック

非営利団体の資金調達ハンドブック

 

 ステークホルダーピラミッドは、前回の改良版。

ま、前回、間違えてドナーピラミッドを作ってしまったんですが・・・

2つ目の設問には、「すぐに寄付をしてもらうために」のページを参照。

そこで、「すぐに寄付をしてもらう」ために何をしたらよいのかを3つのポイントで解説します。

  1. 緊急性を伝える
  2. 期間を区切る
  3. すぐに寄付できる「方法」を用意する

引用元:「非営利団体の資金調達ハンドブック」

 

最後の設問。ランディングページ。今回は、「難民 緊急支援」というキーワード検察で出てきたサイトを見比べました。冒頭には緊急性が伝わるような写真。現地の様子。募金期間、目標額の提示。支援の具体的な内容。「寄付をする」ボタンからの寄付入力フォームへの遷移。特典。など・・・いくつか見比べてみて、自分なりにページを設計しました。

続きます。 

FRSアドバンス研修「ケーススタディから学ぶ、経営戦略フレームワークに基づいたファンドレイジング戦略とは?」に参加して(2)

 

FRSアドバンス研修「ケーススタディから学ぶ、経営戦略フレームワークに基づいたファンドレイジング戦略とは?」に参加して(1) - 始まりの景色

の続きです。

 

事前課題をひととおり埋めて、思いました。

「プレゼン資料が地味・・・」

あれこれ加工してインパクトをつける余力が残っておらず、もう出そう・・・と提出しました。

2018年6月5日(火)19時から、研修がスタートしました。 

講師は、山元圭太(ヤマゲン)さん。

株式会社PubliCo(パブリコ)代表取締役。現在は合同会社 喜代七 の代表を務められています。また、第一回目の試験で合格された認定ファンドレイザー、とのこと。

 

研修では、1人の方のプレゼンを皆で聞くことからスタート。

聞くポイントは、次の3つ。

  1. 「事業」「組織」「財源」、まず何をする?
  2. ターゲットはまず誰から?
  3. どうシナジーを生み出す?

プレゼンに指名された方は課題を的確に整理し、さらに(課題にはない)プラスアルファの資料を作成されていて、圧巻でした。

その一つが、ペルソナ。

今回、初めて知った言葉なんですが・・・

ペルソナとは、あなたの製品やサービスの理想の顧客の人物像です。コンテンツマーケティングやリードナーチャリングなどのマーケティング活動でペルソナは必須と言えます。

ペルソナは理想の顧客そのものではありません。一人の顧客が全ての理想的な条件を満たすことは無いため、既存顧客の情報やインタビュー、調査データなどの実在する情報から、架空の理想の顧客「像」を描きます。これがペルソナです。 

 出典元:

誰でもできるペルソナの作り方〜マーケティングの現場で活用できる良質なペルソナを作る手順 | カイロスのマーケティングブログ

 

発表を聞いた後でグループワーク。発表者のプレゼン資料から、先ほどの「聞くポイント」をどう感じたか、各グループで話し合いました。グループで発表し、続いて講師のヤマゲンさんからのレクチャー。

  1. 「事業」「組織」「財源」、まず何をする?
    ファンドレイジングと聞くと「財源」にフォーカスしがちであるが、団体の抱えている問題によって、先に手をつけるべきなのは「事業」の場合や「組織」の場合がある。戦略設計において3つの視点を常に持ち、"まず"何をすべきか、を見極めることが必要。
  2. ターゲットはまず誰から?
    既存(寄付者、会員など)→過去(元会員など)→新規(潜在寄付者)
    前回の長浜さんの研修でも同様の話をお聞きしました。
    ※ヤマゲンさんのブログにまんま書いてありました。先にこのサイトに辿り着いていれば・・・

    ファンドレイジングは既存→過去→新規の順番 | PubliCo(パブリコ)

  3. どうシナジーを生み出す?
    例えば、講演を実施する場合。謝金をいただく。書籍やグッズの販売収入を得る。その場で現金寄付をいただく。メルマガやボランティアへ登録いただく。講演が縁で、コミュニティネットワークに繋がることがある。団体の知名度や信頼度アップにより、助成金事業を受けやすくなる・・・など。

NPOの場合、団体の財源が多いから良い、という訳ではありません。団体のビジョン・ミッションを達成するために必要な金額が確保できれば良いのです。大切なのは、傍観者→支援者→主体者と、ステークホルダーピラミッドを、その方のスピードで上がっていくこと、その関係作り。一緒に自団体のビジョン・ミッションを生み出す仲間を集めるにはどうしたら良いか。その戦略のために今日のフレームワークを生かしていただければ嬉しいです。」

今日も2時間があっと言う間にすぎました。

 

今日の気づき。

  • ファンドレイジングに必要な戦略設計力を身につけるには、「事業」「組織」「財源」のバランスの良い視点が必要である。
  • ペルソナ分析で「架空の支援者像」を設定してみたくなった。
  • 支援者の本音を聞くために、支援者に"相談"にいくことも大事。

 

ケーススタディから学ぶ、経営戦略フレームワークに基づいたファンドレイジング戦略とは?(1科目から受講できる単科研修) | イベント・研修・スクール | 日本ファンドレイジング協会

 

FRSアドバンス研修「ケーススタディから学ぶ、経営戦略フレームワークに基づいたファンドレイジング戦略とは?」に参加して(1)

 自分の体調管理のため、隔週で整体に通っています。先日も長女と2人で夕方に来店しました。

「あれっ、随分こってますね」

「そうなんです。あまり心当たりはないんですが・・・」

「今日は何をしていたんですか?」

「今日は朝から、宿題をやっていて・・・あっ・・・」

 根を詰めて宿題をやっていたら、知らず知らずのうちにひどく肩がこってしまったようです。

今回の課題。

<事前課題>

添付のケーススタディ資料を熟読の上、別添のワークシートを事前に完成する。

  1. 「事業」「組織」「財源」の3つの観点から、この団体の強みと課題をワークシートをもとに記載する。
  2. この団体のステークホルダーピラミッドを作成する。
  3. 上記の内容をもとに、中期計画アクションプランを「事業」「組織」「財源」の観点から作成する。この団体のファンドレイジングを改善し、(現在の1億から)3年後に1.5億を超える状態を実現するための中期計画を作成する。内容には以下の2つを含める。
    (1)1.で作成したステークホルダーピラミッドを元に、この団体の課題を解決するファンドレイジング計画を作成し、ステークホルダーピラミッドを使って説明する。
    (2)財源間のシナジー効果を活かす戦略設計を検討して、(図の)空欄に記載する。
  4. 作成した中期計画を元に、具体的な施策を1つ作成する。

 

今回、ワークシートが9ページ。課題1はなんとなく記載できたものの、課題2でいきなりつまづきました。

ステークホルダーピラミッドって・・・?

ファンドレイザー認定テキストで、ドナーピラミッド説明ページを見つけました。

同じなの?同じなのかな?

中期計画。何をどう立てたら良いのかさっぱりわからない。

また本を読むか・・・

と作業を中断し、本を読みました。

今回は、2冊。 

非営利団体の資金調達ハンドブック

非営利団体の資金調達ハンドブック

 

 日本ファンドレイジング協会の理事を務め、ファンドレイジング・ラボの代表をされている、徳永洋子さんの著作。ドナーレンジチャートは別立てで作ろう、と課題にない項目を立てて試算。

 

そして、前回の講師、長浜洋二さんの本。

 

NPOのためのマーケティング講座

NPOのためのマーケティング講座

 

 あー、これ、前回の復習にはもってこいなんだけど・・・(すみません)

 

課題で特に苦労したのは財源の試算。各年度の項目毎の件数と金額について、相場やリアルな伸び率がさっぱりわかりません。google sheet で数字をあれこれ入れ替えているだけで、〆切前日になってしまいました。

 

続きます。