始まりの景色

子育て・仕事・ファンドレイジングなど。

大学チャプター第1回勉強会に参加しました

 2019年5月8日(水)、駒澤大学会館246 6階第2会議室にて、大学チャプターの設立総会に続き、勉強会が開催されました。

 テーマは「日本の高等教育機関への寄付の現状・課題・展望−先行研究レビュー及び各種調査結果から−」。モデレーターは井芹俊太郎さん(法政大学、大学チャプター運営委員)です。

 この勉強会は、大学を中心とした高等教育機関への寄付研究や調査結果をまず共有し、そこから得られる知見と大学で働くファンドレイザーの経験等を交えながら、大学のファンドレイジングにおける課題解決や今後の発展について考えることが目的です。

 

 

f:id:izmy2009:20190508180638j:plain

参加者は会場とZoom(オンラインミーティングシステム)による参加を合わせて約30人。勉強会に先立ち、参加者からの自己紹介タイムがありました。

 

f:id:izmy2009:20190508091632j:plain

 

 勉強会ではアメリカの高等教育機関への寄付拡大・現状に関する研究の概要を中心に説明。下記資料が参考文献として紹介されました。

 米国には大学への寄附動向を毎年調査・公表する機関があり、その統計結果が、分析に非常に有用となっています。 一方で、日本ではそういった機関がなく、過去の単発の調査結果で分析できるものの、データ量が圧倒的に足りない現状を知ることができました。

 また日本の事例として、下記の取り組みが紹介されました。

 続いて参加者によるフリーディスカッション。

 大学等の研究機関で寄付に関する調査研究が行われ、その研究が大学ファンドレイジングに繋がっていくことの重要性を指摘する声がありました。

 何より科学的実証が成り立つための継続的な調査・データベースを構築する必要性が議論されました。

 ファンドレイジングは寄付に限らず、研究資金も含まれます。多くの大学ではそれぞれを担当する部門があり、ともすれば学内で競合してしまうことへの懸念が挙げられました。学内連携、あるいは大学としての経営戦略にも関わる課題が認識されました。

 また「ファンドレイジングにできないことは何もない、その組織がやるかどうかなのだ」といった意見も出されました。

 初回から大いに盛り上がる中、閉会しました。

 

今日の気づき

  • 大学と地域連携は親和性が高い。
  • 入学から卒業・寄付まで包括的にマネジメントするという考え方、Enrollment Management。
  • それぞれの大学の特色ある取り組み、意外と知られていないことがあるのでは?(知ってもらうことの重要性)

 【日本ファンドレイジング協会大学チャプター】

jfra.jp

 

【ファンドレイジング・日本2019をPR中】

ファンドレイジング・日本2019 

 

FRJ2019のFacebookページ、オープン!

ファンドレイジング・日本2019(9月14日・15日開催)のFacebookページがオープン!

www.facebook.com

最新情報をチェック、チェック!

 

日本ファンドレイジング協会のテーマ別チャプターサイトで、大学チャプター紹介サイトが更新されました。設立総会の記念写真が掲載されています。

jfra.jp

 

同じ想いの人たちと繋がれるのは楽しいですね。多くの人に知っていただけたらなぁと思います。

そういえば、一年前の今頃、ファンドレイジング・スクールに入学しました。

izmy2009.hatenablog.com

入学式の時は想像もしていませんでした。そこから勉強に苦しむ日々が待ち受けていようとは・・・

この一年、勉強漬けの日々だったように思います。つらい時期もありましたが、成長した自分を褒めたい!

自分にとって2回目のFRJ2019、きっと昨年より深くコミットして、色んなことを吸収できそうです(^^)

 

【ファンドレイジング・日本2019をPR中】

ファンドレイジング・日本2019 

 

大学チャプター設立総会に参加しました

f:id:izmy2009:20190508084459j:plain

大学チャプター発足!

 

 2019年5月8日(水)、駒澤大学会館246 6階2会議室にて、日本ファンドレイジング大学チャプター設立総会が開催されました。

 出席者は、運営メンバー・来賓・オブザーバーを合わせて約20人でした。

 

 

役員選出

総会はまず、設立趣旨の確認と役員選出が行われました。役員は設立申請時に仮として決めていましたが、今回の総会を持って正式に就任。大きな拍手をもって可決されました。

 

年間活動計画について

 事務局で用意したたたき台を元に、活発な意見交換がされました。下記の内容が話されました。

  • 大学寄付の現状や課題を客観的に示す説明資料を作成する。「KPI(Key Performance Indicators、重要業績評価指標)標準フォーマット」を作成する。大学の寄付に関する統計データを蓄積する。
  • 勉強会を開催する。例:クラウドファンディング 、海外事例、学内連携、初心者対象のQ&A会など。
  • 地域チャプターと連携した活動を行う。
  • 7月の文科省寄付フォーラムにあわせて、7月に設立記念フォーラムを実施する。
  • 9月のファンドレイジング・日本2019にて、セッションの開催をはじめ交流の場となるイベントを行う。
  • 12月の”寄付月間Giving December"にイベントを行う。

 単なるイベント・勉強会の実施だけでなく、きちんと「ファクト」を捉えましょう、というのが活動に盛り込まれています!

日本ファンドレイジング協会代表理事 鵜尾雅隆さんからの祝辞

f:id:izmy2009:20190508081350j:plain

日本ファンドレイジング協会代表理事の鵜尾さん

 鵜尾さんからは、「欧米ではファンドレイジングの中心軸に大学ファンドレイジングがあります。日本でも大学チャプターができて嬉しいです。"チャプター"には、小説の1章、2章という意味もあります。一つ一つの章で紡ぐ物語。一人一人のストーリーがみんなのストーリー。他のチャプター間のつながりによる物語の始まりを感じます。また、『テーマ別チャプター5 か条』の第4条に、『分野別チャプターは、(中略)チャプターのみんながやりたい!と思うことをやる』と規定してます。やりたいことをやってください!」と今後の活動に関する期待と激励のお言葉をいただきました。 

駒澤大学副学長 猿山義広さんからのご挨拶

f:id:izmy2009:20190508081725j:plain

駒澤大学副学長 猿山さん

 駒澤大学様はファンドレイジング・日本の会場提供などを契機に日本ファンドレイジング協会関係を深め、2019年4月に日本ファンドレイジング協会と包括協定を締結しました。今回の総会の会場についても無償で提供いただきました(ありがとうございます!)。

 副学長の猿山さんから、「ファンドレイジング日本をきっかけに、お金の使い方には"貯蓄"・"投資"・"消費"だけでなく"寄付"もあることに改めて気づきました。大学とは、大きな価値を作り未来の社会に還元する場です。人びとから善意の寄付が集まる社会の実現に向けて一緒に勉強していきたい」、とのお言葉をいただきました。

 

参加者の自己紹介と決意表明

 各運営メンバーから自己紹介と決意表明をしました。

 皆さん、経歴が多様、抱負も多様です。このパワーが今後どう展開されていくか、楽しみです。

 私は「大学だけでなく高校も視野に入れておきたい。そしてブログを書いて情報を発信していきます!」と決意表明をしました。ファンドレイジング・スクールの記録をブログで書いていて、楽しかったので!

共同代表からの挨拶

f:id:izmy2009:20190508082054j:plain

大学チャプター共同代表 𠮷田さん

 共同代表の𠮷⽥さん。ファンドレイジング・スクール同期でもあります。大阪からスクール授業のために上京し、翌日の仕事のために深夜バスで大阪に帰る、というハードな生活を経て、認定ファンドレイザーになった尊敬する同期です。

 「ファンドレイザーは大学内外の人々つなぐ"どんどん元気になる仕事"です。楽しさを、多くの人に伝えたい!大学ファンドレイザーが一つの職業になる、そういう文化を醸成したい!日本のファンドレイザー世界を楽しく広げていけたら!メンバー1000人が目標です!」と力強い決意表明がありました。𠮷⽥さんのスピーチは毎回本当に上手で、聞いている皆が笑顔になります。

 また𠮷⽥さんは参加者に対して「一緒に盛り上げていきましょう!」と呼びかけました。

 

 設立総会は大盛り上がりのうちに終了しました!

 

 

【日本ファンドレイジング協会大学チャプターのサイト】

www.facebook.com

【ファンドレイジング・日本2019をPR中】

ファンドレイジング・日本2019 

 

別府で地獄めぐりをしてきました(2)

別府で地獄めぐりをしてきました(1) - 始まりの景色

の、続きです。

 

立命館アジア太平洋大学の訪問を終え、地元から参加された方と血の池地獄に向かいました。

血の池地獄

f:id:izmy2009:20190427152945j:plain

血の池地獄

この池は広く、赤茶色をしていました。ちょっと血液ドロドロ状態のようです。

ここも風向きによっては湯気が出ていました。

「ここの口上が特徴なんですよね」と地元の人が教えてくれたのですが・・・

f:id:izmy2009:20190427092355j:plain

血の池軟膏を売る売店

口上、と聞いたので、「へいへい、そこのお嬢ちゃん、旦那さん、寄ってらっしゃい見てらっしゃい・・・」的なことが聞けると思いきや、女性の定員さんが静かに座っているのみ。案内してくださった方も「口上はないのですか?」と聞くと、「効能でしたらご説明しますけど」とのこと。いや、あの・・・せっかくならパフォーマンスで口上を聞けると良かったです・・・後から写真をよく見ると「しらくも」「がんがさ」あたりが味わい深いです。

 

血の池地獄で他の方と別れ、いよいよ最後の地獄、龍巻地獄へ。

龍巻地獄

血の池地獄から歩いてすぐにありました。

入口で共通券を見せると、「次は30分後ですが良いですか」とのこと。次?どうやら龍巻が起きるのが30〜40分に1回だそう。特に用事がないためそのまま入ってベンチで待つことにしました。

 

f:id:izmy2009:20190427094209j:plain

龍巻地獄の小さな池

看板によると、間欠泉という自然現象なのだそう。事前に調べないで来てしまったので、この小さな池からどんな風に龍巻が起こるのか、想像できずにぼんやりと時間を潰していました。

30分の間に随分人が増えてきました。すると何やらジュバジュバ、シュシューな音が。

お、始まったようです。

f:id:izmy2009:20190427101046j:plain

龍巻地獄

手前の池ではなく、奥の穴からお湯が噴き出してきました。高さは2mくらいでしょうか。ジュババババ!となかなかの勢いです。湯気もモクモクしています。

確かに一定期間に噴き出して、また静かになるのは不思議な現象でした。

おまけ

地獄めぐりをコンプリートして、まだ少し時間があったので、行きのバスで見かけた交通センターへ向かいました。お土産屋さんと空港への高速バス乗り場があるためです。

血の池地獄前から路線バスにのり、交通センターのあるのがどうやら「観光港」らしいので、そこで「次は、カンコウコウ」と聞こえて降車ボタンを押しました。

で、降りたら・・・目の前は「さんふらわあ」の文字。大阪行きのフェリー船乗り場でした。バス停を間違えました・・・

目的地の交通センターが見えたので、のんびり歩いて向かうことに。

f:id:izmy2009:20190427165528j:plain

港をのんびり

この日は天気が良く、波は穏やか。そして笑っちゃうぐらい誰もいません・・・これも旅の思い出・・・

f:id:izmy2009:20190427165544j:plain

足長ーい

交通センターで高速バスの時刻を調べ、残りの時間でお土産を買いました。

今回は短い旅でしたが、次回はもう少しゆっくり大分を旅行したいと思いました。

あと、せっかくなら「さんふらわあ」にも乗ってみたい。

 

別府で地獄めぐりをしてきました(1)

2019年4月26日(金)〜27日(土)にかけて、別府に行ってきました。

今回の主な旅の目的は立命館アジア太平洋大学への訪問で、別府に着いたのは26日(金)の夜。

限られた時間で何をしようか・・・迷いに迷い、「地獄めぐり」をしよう、と決めました。

 

27日(土)8:30からスタート。別府北浜から亀の井バス(路線バス)で鉄輪(かんなわ)へ。ここにはバスセンターがあり、インフォメーションセンターもあります。コインロッカーに荷物を預けて、いざ、スタート!

白池地獄

みゆき坂を登ると5分ほどで最初の目的地、白池地獄に着きました。最初の窓口で共通券を購入。計7つの地獄の入場料はそれぞれ400円ですが、共通券は2000円、最低5つ入れば元が取れます。

まだ時間が早いため、人影はなく、落ち着いて見学することができました。

f:id:izmy2009:20190427031240j:plain

白池地獄

硫黄の香りだけで温泉気分です。池を回ると奥に「熱帯魚館」そして「人喰魚ピラニア」の文字が。穏やかではありません。

f:id:izmy2009:20190427091113j:plain

レトロな雰囲気の熱帯魚館入口

温泉熱を利用して熱帯魚を飼育しているとのこと。狭い熱帯魚館の中をほほぅと見学します。何気に水族館好きの血が騒いできました。一つ一つ熱心に眺め、順路の先を行くと、次はピラルクがいるではないか!

f:id:izmy2009:20190427091453j:plain

ピラルクがいた!

ピラルクと言えば!生きた化石!世界最大級の淡水魚!わー、大きい!と大はしゃぎです。

一つ目から満足度高く、この先が楽しみです。

鬼山地獄

白池地獄の坂の上の出口から歩いて数分、鬼山地獄がありました。

f:id:izmy2009:20190427031823j:plain

鬼が見守る鬼山地獄

ここは湯気の量が多く、風の向きで度々湯気を浴びることに。ミストサウナのようです。「ワニの赤ちゃんが誕生しました」との文字。ワニ!?

f:id:izmy2009:20190427092638j:plain

ワニの赤ちゃんは小さくて可愛かった

ワニの赤ちゃんは屋内の水槽で飼育されていました。名前は「おこじょ」「ひばり」とのこと。その奥には一代目イチロウの剥製が。

f:id:izmy2009:20190427092732j:plain

イチローの剥製

ワニって長寿なんですね・・・大きすぎてカメラに収めることができませんでした。お笑いマンガ道場で有名な富永一朗先生から命名されたのですね。こんなにかぶりつきで見ているのが自分ひとりで段々恥ずかしくなってきました。

外に出るといくつもの柵に囲まれた池が見えました。あちらも覗いてみるか。軽い気持ちで下り始めると場内アナウンスが。「あと30分でワニの餌やりの時間です。今はワニたちはものすごくお腹が空いているので、絶対に柵の中に顔を出したり指を出したりしないでください」なんですと!?

f:id:izmy2009:20190427033129j:plain

鬼山地獄は別名ワニ地獄

池の中にはワニ、ワニ、ワニ!!引くほどワニだらけです。この日は天気が良く、日なたぼっこ(?)をしているワニもいました。パッと見では動かないので模型?と思うほど。でも良く良く見ていると息をしています。本物だ!!

f:id:izmy2009:20190427093857j:plain

一人部屋(?)でのんびりすごす三代目イチロウ君

三代目イチロウ君は一匹でプールを独占です。独占の子は良いのです。集団生活を強いられているワニさんたちは狭くないのでしょうか!?ここでも興奮して何枚も写真を撮っていました。

かまど地獄 

鬼山地獄を出ると道路の向かいにかまど地獄がありました。

f:id:izmy2009:20190427035006j:plain

かまど地獄

かまどの上の鬼がお出迎えです。

ここには一丁目から六丁目までの様々な地獄があり、一番バラエティに富んでいました。

のんびり一つづつ眺めていると、少し先でヒュー!ピーピー!と賑やかな声が。韓国の観光客の団体用に、湯気の実験を韓国語で実演していて、大盛り上がり!歓声が上がっていました。

その一団がすぎると、別の係員の方が来られて、「湯気の実験をします」とのこと。

f:id:izmy2009:20190427035605j:plain

タバコの煙に反応して湯気が上がる実験

タバコの煙を湯気に向かって吹くと、化学反応で湯気の量が増えるように見えるのだそうです。グループを含めて10人程度の観光客が見守る中、実演してくださるのですが、先ほどとはうって変わり、「はぁ〜なるほど」な雰囲気。盛り上がれずすみません。

かまど地獄のお湯の色は赤茶色だったりブルーだったり、色とりどりでした。

3つ回ったところで10時すぎ。11時すぎのバスで移動する予定だったため、まだいけそうだな、と残り2つの地獄へ。

海地獄

f:id:izmy2009:20190427042150j:plain

海地獄

海地獄はこれまでのレトロな雰囲気と異なり、比較的新しい雰囲気。ショップが広くて綺麗でした。海のような色をしている池から湯気がモクモク。こちらも風向きによってミストを浴びているような状態です。

さらりと見学して次の鬼石坊主地獄へ。

鬼石坊主地獄

f:id:izmy2009:20190427104541j:plain

鬼石坊主地獄

白泥の池からポコリポコリと温泉が湧き上がる様子が坊主の頭のようだから、という理由で名付けられたのだとか。小さめの池から静かにポコリポコリと湧き上がっていました。湯気は出ていませんが、熱湯とのこと。静かな地獄でした。

足湯もあるみたいでしたが、時間の都合で割愛し、バスセンターへ戻りました。

下り坂なので歩いて10分程度で再び鉄輪のバスセンターへ。

荷物をロッカーから出して、待合所でAPU行きのバスが来るのを待ちました。

待っている間に外国からの観光客のグループがちらほら。ツーリストインフォメーションを兼ねているため、英語でやりとりしている様子を見かけました。

 

続きます。

立命館アジア太平洋大学訪問ツアーに参加しました(4)

立命館アジア太平洋大学訪問ツアーに参加しました(3) - 始まりの景色

の続きです。

20分間の懇談が終わり、ご多忙の出口学長は次のご予定に向かわれました。

事業課 前原様との意見交換

APUご出身でもある大学職員の前原様に、実務面でのお話を伺いました。

概要は下記の通り。

  • APUでは学長室の一部門を独立して事業課を新たに立ち上げ、寄付・企業派遣受入・企業とのコラボによる収入事業等を行なっている。
  • 寄付のwebサイト"One APU"をリニューアルし、メルマガを配信している。現在の登録者は約17,000人。内訳は、卒業生が60%、企業が30%、一般が10%。
  • webサイトのリニューアルにあわせて、寄付チラシを日英で作成した。今後は国際学生の保護者向けに、中国語・韓国語でのチラシ作成を検討している。
  • 昨年12月に初めてクラウドファンディングを手がけた。APU起業部と、多文化共生の2件。募集期間中は無我夢中だった。目標を超える寄付をいただくことができた。
  • 寄付をいただいた折には礼状を送り、また、感謝の集いを開催している。自身が卒業生ということもあり、寄付者には極力マニュアルによらない対応を心がけている。
  • 学生の就職活動や企業派遣事業の窓口として、東京キャンパスが活用されている。
  • APU生の特徴は、在学中も卒業後も熱心に勉強するところ。「卒業しても学び続ける大学」である点が本学の魅力である。

「国際学生は、人生をかけてAPUにきているんです。ですから非常に熱心に勉強しています。」とのこと。聞けば聞くほど素晴らしい大学でした。

 

なお、困っていることはないですか、の質問に「立地面でのデメリットを感じることがあります」、とのこと。中長期的には、こうしたデメリットは解消されていくに違いありません。

 

また前原様ご自身は体系的にファンドレイジングを学ばれたご経験はない、とのことで、思わず「一度学ばれてみると良いですよ」を勧めてしまいました。

 

予定時間が経過したため、今回のツアーはこれで終了です。

 

「見学したい」「入学したい」と思われる魅力ある大学つくり。そして「卒業生ではないけど応援したい」という共感つくり。さらに背中を押すプラスアルファ。今回の訪問で得られたことは非常に多くありました。

 

GWの最中に快く受け入れてくださったAPUの皆さま、ならびに「現地集合、現地解散」という無謀なツアーに参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!

 

f:id:izmy2009:20190427122615j:plain

APUのロゴが映えるいいお天気でした

 

【日本ファンドレイジング協会大学チャプターのサイト】

www.facebook.com

【ファンドレイジング・日本2019をPR中】

ファンドレイジング・日本2019 

 

立命館アジア太平洋大学訪問ツアーに参加しました(3)

立命館アジア太平洋大学訪問ツアーに参加しました(2) - 始まりの景色

の、続きです。

 

学長室に戻りました。入口には記念撮影スポットがありました(これは便利)。

出口学長との懇談

キャンパスツアーが予定時間をオーバーしてしまい、出口学長との懇談時間はわずか20分。

質問について事前にお知らせしていましたが、「なんでもどうぞ」とのことで、いろんな質問をしました。なおその場で咀嚼できなかった部分については、検索して参考として掲載しました。

日本の教育投資
  • 日本の経済成長のためには、「一人一人の労働生産性」を高めることが必要なのは明白である。教育投資は費用対効果があることも明白。にもかかわらず、公財政教育支出の対GDP比はOECD加盟国の中で最下位*1。この現実を大学関係者は正しく発信していく必要がある。
大学ファンドレイジング
  • 政府は教育投資について「民間資金の活用」をうたっているが、参考にしている米国の大学と日本の事情はかなり異なる。米国の大学は行動成長期に資産運用により寄付額を増額させてきた。安易に民間企業からの資金が得られるはずはない。このことを冷静に分析したうえでないと、民間資金活用策はうまくいかない。
世界における日本の大学のプレゼンス
  • 国際比較をすると大学院修了者の割合が非常に少ない*2。海外では、リーダーが修士号か博士号を持っていることがスタンダード。大学院課程の充実を図る必要がある。また、国際認証を取得することで、世界的な文脈の中で自大学のポジションを具体的に伝えることができる。
APUの強み
  • 学士課程に多数の国際学生が在籍していること。経営学と観光学の分野で国際認証を得ていること。卒業生のグローバルネットワークが年々充実していること。
別府(大分県)の観光業
  • 別府はもはや外国人観光客が来ないと成り立たない。しかし現状は情報発信が不十分で、観光資源を活かしきれていないと感じている。そのため、 APU・NHK・JCOMの3社で、大分県の魅力を発信するコンテンツの共同制作を始めた。

 

f:id:izmy2009:20190428092444j:plain

葉書サイズでわかりやすい「APUのファクト」
日本の教育政策

バカロレアの大学入学資格の試験問題を知っていますか?」と聞かれ、全く答えることができませんでした。

家に帰ってから改めて調べてみると下記の問題が出題されているそうです。

文化は我々をより人間的にするのか?(人文系の哲学問題)

欲望は我々が不完全であることの証拠なのか?(理系の哲学問題)

出展:2018年のフランスのバカロレアの哲学の問題|Colorless Green Ideas

 

こうした問いを大学入学資格を得る段階(18歳)で論理的に解答をすることができるようになるには、知識と論理的思考(考える力)が必要なのは言わずもがな、です。

「日本の教育政策には"グローバルスタンダード"という視点が欠けている。そこから学べることが多くあるにもかかわらず。」とお話されていたのが印象的でした。

 

また、「大人が"政治ってなんだろう"”社会ってなんだろう"というのを考えていないことが問題。それが投票率の低さや根強い男女差別に表れている。なので、中高生向けに書いた本を大人にも読んでほしいのです。」と近著を紹介いただきました(帰りにAPUの大学生協で購入しました!)

 

「おいしい人生」を生きるための授業

「おいしい人生」を生きるための授業

 

 

出口学長懇談での気づき

ファンドレイジング・スクールで学んだことに絡めますと、キーワードは「右脳×左脳」「社会的インパクト投資」「ポジショニング設計」にある、と感じました。

ずっとモヤモヤしていてなかなか解答が見出せない「教育の中長期的な課題と解決策(アウトカム)・社会的インパクトをファンドレイジングの文脈でどう表現するか?」を今後より一層考えていかないと、と改めて思いました。

 

続きます。

 

【日本ファンドレイジング協会大学チャプターのサイト】

www.facebook.com

【ファンドレイジング・日本2019をPR中】

ファンドレイジング・日本2019