始まりの景色

子育て・仕事・ファンドレイジングなど。

別府で地獄めぐりをしてきました(2)

別府で地獄めぐりをしてきました(1) - 始まりの景色

の、続きです。

 

立命館アジア太平洋大学の訪問を終え、地元から参加された方と血の池地獄に向かいました。

血の池地獄

f:id:izmy2009:20190427152945j:plain

血の池地獄

この池は広く、赤茶色をしていました。ちょっと血液ドロドロ状態のようです。

ここも風向きによっては湯気が出ていました。

「ここの口上が特徴なんですよね」と地元の人が教えてくれたのですが・・・

f:id:izmy2009:20190427092355j:plain

血の池軟膏を売る売店

口上、と聞いたので、「へいへい、そこのお嬢ちゃん、旦那さん、寄ってらっしゃい見てらっしゃい・・・」的なことが聞けると思いきや、女性の定員さんが静かに座っているのみ。案内してくださった方も「口上はないのですか?」と聞くと、「効能でしたらご説明しますけど」とのこと。いや、あの・・・せっかくならパフォーマンスで口上を聞けると良かったです・・・後から写真をよく見ると「しらくも」「がんがさ」あたりが味わい深いです。

 

血の池地獄で他の方と別れ、いよいよ最後の地獄、龍巻地獄へ。

龍巻地獄

血の池地獄から歩いてすぐにありました。

入口で共通券を見せると、「次は30分後ですが良いですか」とのこと。次?どうやら龍巻が起きるのが30〜40分に1回だそう。特に用事がないためそのまま入ってベンチで待つことにしました。

 

f:id:izmy2009:20190427094209j:plain

龍巻地獄の小さな池

看板によると、間欠泉という自然現象なのだそう。事前に調べないで来てしまったので、この小さな池からどんな風に龍巻が起こるのか、想像できずにぼんやりと時間を潰していました。

30分の間に随分人が増えてきました。すると何やらジュバジュバ、シュシューな音が。

お、始まったようです。

f:id:izmy2009:20190427101046j:plain

龍巻地獄

手前の池ではなく、奥の穴からお湯が噴き出してきました。高さは2mくらいでしょうか。ジュババババ!となかなかの勢いです。湯気もモクモクしています。

確かに一定期間に噴き出して、また静かになるのは不思議な現象でした。

おまけ

地獄めぐりをコンプリートして、まだ少し時間があったので、行きのバスで見かけた交通センターへ向かいました。お土産屋さんと空港への高速バス乗り場があるためです。

血の池地獄前から路線バスにのり、交通センターのあるのがどうやら「観光港」らしいので、そこで「次は、カンコウコウ」と聞こえて降車ボタンを押しました。

で、降りたら・・・目の前は「さんふらわあ」の文字。大阪行きのフェリー船乗り場でした。バス停を間違えました・・・

目的地の交通センターが見えたので、のんびり歩いて向かうことに。

f:id:izmy2009:20190427165528j:plain

港をのんびり

この日は天気が良く、波は穏やか。そして笑っちゃうぐらい誰もいません・・・これも旅の思い出・・・

f:id:izmy2009:20190427165544j:plain

足長ーい

交通センターで高速バスの時刻を調べ、残りの時間でお土産を買いました。

今回は短い旅でしたが、次回はもう少しゆっくり大分を旅行したいと思いました。

あと、せっかくなら「さんふらわあ」にも乗ってみたい。