始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。今はファンドレイジングについて勉強中。

親キャリ勉強会「モヤモヤとワクワクとシュクシュク」に参加して

親になったわたしたちの勉強会、略して「親キャリ」。

oyacareer.jimdo.com

7シーズン目。2回目の勉強会に参加しました。

前回は参加できなかったため、久しぶりの参加です。

2018年11月11日(日)、ポッキー&プリッツの日

というわけで・・・

f:id:izmy2009:20181111091229j:plain

多種類のポッキー&プリッツをポリポリ食べながら、スタート。

 

参加者は10人。

ファシリテーターは主催のかぶりえさん。

 

自己紹介、近況を話したあと、今回のテーマ「モヤモヤとワクワク」について話し合いました。

基本はフリートークながら、キーワードをささっとメモしていく、かぶりえさん。

「あなたのモヤモヤはどこから?」

 

・モヤモヤは在り方と行動の不一致と繋がっている「なんで私が・・・」

・モヤモヤは自分が腹落ちしていないこと、理解されないことと繋がっている

・反応してしまう「ちょっと待ってスイッチ」

・ワクワクとモヤモヤは表裏

 

続いて、「モヤモヤとワクワクとシュクシュク」の関係を、グループに分かれて話し合いました。

グループ毎に異なる図式で表現されました。

 

モヤモヤは、現在。

未来への行動が、シュクシュク。

ワクワクは、未来の在りたい状態。

 

毎度のことながら、参加者の熱い気持ちと冷静な分析で(まさに「冷静と情熱の間」!)、自分の考えが深まり、多くの刺激を受けました。

毎回、刺激が多すぎてなかなかブログとしてまとめられないのが難点ですが・・・

 

3時間のセミナーのあとはランチ。

ランチでも色んな話で盛り上がりました。

 「幸せになる勇気」と「自分の小さな『箱』から脱出する方法」が話題に。

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
 

 

みんな、色んな本を読んでいるなあ。

私も積ん読を解消しないと・・・と思いました。