始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。今はファンドレイジングについて勉強中。

北欧ひとり旅番外編〜フィンランド長距離バスのススメ

フィンランドの移動はバスが便利。

バスについて説明しているサイトがいくつかありますが、私なりにまとめてみました。

 

Google Mapで経路検索すると、バスの場合はMatkahuolto社のサイトにリンクされています。

https://www.matkahuolto.fi/en/

f:id:izmy2009:20181007102529p:plain

Matkahuolto社のメインページ

フィンランド語・スウェーデン語・英語に対応しています。

左側の検索画面で、出発地・到着地・日付を入れてSEARCHボタンを押すと、時刻表と金額が出てきます。乗車したいバスを選んでBUYボタンを押す。クレジットカード決済。以上!簡単!

 

こんなところが便利

  • ネット決済、eチケットで路線検索・購入・乗車までスムーズ
  • 同じ路線でもOnnibusなど格安路線が走っていて、料金を見比べながらリーズナブルに利用できる
  • バスによっては10分前まで予約を受け付けているので、思い立ったら予約できる
  • バスの中は充電・wi-fi利用が可能な場合が多く、快適に過ごせる

こんな点は注意

  • キャンセル不可
  • ひとり旅の場合は隣の席の人次第でバス旅の印象が変わる
  • 途中のバス停やアナウンスで英語を聞くことがなかったため、目的地に無事たどり着けるかやや不安な思いになる
  • 多少の遅れがある(ヨーロッパであれば列車も同じですが)

より快適に使うコツ

事前にGoogle Mapで経路を確認しておく

列車など、他の交通手段の可能性を含めて確認しておくと、イザという時の選択肢が広がります。

事前にバス乗車場・バス降車場と、そこまでの移動時間を計算しておく

列車の駅とバスターミナルは離れていることが多かったです。バスターミナルの場所をできれば実際に歩いて下見をしておくと良いと思います。

私は当初、「駅のコインロッカーにスーツケースを預ける」→「遊びに行く」→「駅に戻りスーツケースをピックアップしてバスターミナルに行く」という予定を立てていました。バスターミナルの場所を駅から歩いて確認に行ったところ、あまりの遠さにギブアップして列車に切り替えた・・・ということがありました。

バスターミナル待合室の雰囲気が良いとは限らないため時間を持て余す時には注意が必要

たまたまだったのかもしれませんが、ハメーンリンナ、ポルヴォーともに、バスターミナルの待合室は古くて雰囲気が良くなかったです。

ポルヴォーの時間を持て余して苦労した話は過去の記事をご参照ください。

izmy2009.hatenablog.com

座席指定は必ずしも必要ない

日本語でバスのサイトを見ると、必ず座席指定について書かれているため、最初は座席指定しました。その分の追加料金が発生します。

いざ乗車すると・・・バスはガラガラ、座席指定しなくて良かったじゃん!と。

複数人の場合で人気路線であれば座席指定しても良いでしょうが、単身でバスが混んでいない場合は「必要ないな」と思いました。ちなみに、座席指定のページを見れば、混み具合は確認できます。

 

バスを上手に利用して、より旅を楽しんでみてくださいね。