始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。今はファンドレイジングについて勉強中。

北欧ひとり旅〜7日目

2018年8月24日(金)

早朝から対岸の国、エストニアの首都タリンへ。

2時間、船に揺られ、9時半頃に到着した。

ターミナルから旧市街までは徒歩20分。

旧市街の入口、"ふとっちょマルガリータ"と門が見えてきた。

f:id:izmy2009:20180824095815j:plain

旧市街の入口、既に中世漂う雰囲気

船に降りたときから感じていたが、多くの観光客が訪れていた。

特にガイドツアーが多いようだ。英語、ドイツ語、イタリア語・・・ガイドが旗を持ってなにやら説明をしている姿を頻繁に見かけた。

まず向かったのは、旧市庁舎のあるラエコヤ広場、のはずが・・・

道沿いに立つ「KGB PRISON Cells」の看板。エストニアは長らくソ連の一共和国となっていた。思わず階段を降りると、地下にあった拘置所が・・・

f:id:izmy2009:20180824101456j:plain

KGB PRISON Cellsの展示。地球の歩き方では紹介されていない。

暗くて狭い独房があり、壁にはエストニアの歴史が。1991年に独立運動とある。1991年は自分は高校生ではないか。ベルリンの壁が崩壊したのも高校生。当時は全く意識していなかったが、90年前後に東欧は大きく動いたのだった。

・・・などといきなり心にズシーンとくる展示を見てしまい、これが結構響いた。

街中には観光バスが走っていたが、乗る気になれず、歩いて回った。

次にエストニア歴史博物館、という、これまたあまり明るい気分にはなれない展示を見てしまった。

旧市庁舎には塔に登るつもりで向かっていたのだが、この日はクローズとのこと。

何箇所か展望台があるので、坂を上がることにした。

坂は石畳、足に来るなあ、と思いながら登った。

f:id:izmy2009:20180824111912j:plain

石の要塞

そのうちの一つ、ネイツィトルンに到着。入場料を払うと、バルコニーを歩けたり、隣のキーク・イン・デ・キョクという博物館を見学できる。ネイツィトルン自体は見晴らしの良いカフェになっていた。

キーク・イン・デ・キョクは丸い塔になっていて、階段がものすごく狭い。

ふうふう言いながら登っていった。

f:id:izmy2009:20180824123241j:plain

塔からの眺め

一番上の階からは眺めがよく、赤茶色でとんがっている旧市街の建物がよく見えた。

この日は天気がよく、気温は26度ほど。

連日肌寒かったので、この日も長袖にショールと着込んでしまったものだから、脱いでも暑くて仕方ない。

景色の良さよりも自分の暑さが不快で、服装に失敗したな・・・と反省しきり。

気分を変えようと野外博物館へ行ってみる事に。

バスは中央駅前から出ているという。坂を下りて駅に向かう途中、石壁に飾られている人物に目が止まった。エリツィンさんではないか!

f:id:izmy2009:20180824124854j:plain

壁には「エリツィン」の文字が。

中央駅では「サンクトペテルブルク行き」「モスクワ行き」の文字が。

エストニアの国際列車は、ロシアにしか繋がっていないのだ。

f:id:izmy2009:20180824125725j:plain

本数の少ない列車。行き先はサンクトペテルブルク、モスクワ。

ソ連、ロシア、独立・・・と観光気分から離れていく自分がいた。

いやいや、観光!と野外博物館へ。

f:id:izmy2009:20180824135317j:plain

野外博物館

広大な敷地。日差しが強い。風が吹かない。暑い・・・

2時間くらいかけて回ったが、だんだん足が重くなってきた。

まだ時間が余っているなぁと思いながら、再び旧市街へ。入ったカフェには空調が無く、コーヒーを飲んだらまた暑くなってしまった。お土産屋を覗いてみたものの、うーん、なかなかこれはというのに出会えなかった。暑かったこともありニットを買う気にもなれず。

旧市街地を出てフェリー乗り場に向かって歩いていたら、いきなりおしゃれな地区に入った。ロッテルマン地区だ。

f:id:izmy2009:20180824163830j:plain

ロッテルマン地区

さっきコーヒーを飲んでしまったのが恨めしい。ここで休憩すれば良かった・・・

と後ろ髪ひかれる思いで、フェリー乗り場へ。

時刻は18時前。ヘルシンキ行きは19時半。

フェリー乗り場で歩数計を確認したら28000歩。いやー歩いた、疲れた訳だ!

再び2時間、船に乗り、22時すぎにホテルに戻った。