始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。気ままに、気ままに。

ドイツ&スイス女子旅日記番外編〜MASTERキートンを巡る旅!

今回のドイツ旅行の旅程に、あえてケルンに行き、さらにバーゼルを加えたのは・・・そう、浦沢直樹の作品「MASTERキートン」の

『貴婦人との旅』

を巡ってみたかったから・・・!!

 

 ケルンの大聖堂

バーゼルに向かう列車がデュッセルドルフ駅に止まった時、乗り込んできた老婦人と相席したキートン。 作中では列車からケルン大聖堂を見て、夫人はお祈りを始めました。

f:id:izmy2009:20170820113437j:plain

写真:ケルンの大聖堂

 大聖堂は駅のすぐ前にあり、列車から全貌は到底見えません。

私は降りて大聖堂を見学に行きました。高さ157m、奥行き114m、幅86mもあり、40階のビルに匹敵するため、間近では到底全貌をカメラに収めることができませんでした。

塔に登れるらしいのですが、500段・・・今回は時間がなく断念。時間と体力のあるうちに登らないと。

worldheritagesite.xyz

コブレンツ

老婦人が財布とパスポートを盗まれたと言い出したので切符代を立て替えるキートン。 老婦人はコブレンツに元使用人がいるから切符代を借りると言い出し、2人で途中下車した街です。

コブレンツはライン川モーゼル川が合流する地点。作中のレストランなどが立ち並ぶ街中は行かれませんでしたが、合流点「ドイチェス・エック」を見に行きました。

f:id:izmy2009:20170820132401j:plain

写真:ドイチェス・エック

コブレンツ: “ドイツの角” とドイツで最も美しい遺産。

 

バーゼル

老婦人はドイツ、スイス、フランスの三ヶ国に跨っているバーゼルの国境をパスポートなしで突破したいと言います。そこで、キートンは老婦人にビールを飲ませ、良い気分で歌ってくださいと頼み、切符とパスポートの確認をする車掌たちに「この人はスイスの人だと言ってました」と話してあっさり突破します。

 

f:id:izmy2009:20170821191204j:plain

写真:列車に数少なく残るコンパートメント席

さあ、私も国境越えのためにパスポートを確認して、何なら歌って・・・ 

あれ?まさかのノーチェックでスイスのバーゼルバーゼルSBB駅に到着。

f:id:izmy2009:20170821194944j:plain

写真:バーゼルSBB駅

時代は変わりました・・・ね・・・(^^;

 

【参考にさせていただきました】

travellingwithmasterkeaton.blogspot.jp

ジーノの鳥 : MASTERキートン CHAPTER:9 貴婦人との旅