始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。気ままに、気ままに。

ドイツ&スイス女子旅日記〜7日目

7日目(8月24日)

最終日。ミュンヘン市内。

朝食前にホテルを出発。ミヒャエル教会・聖母教会を見学し、歴代のバイエルン国王が住んでいたというレジデンツを見学。

f:id:izmy2009:20170824162714j:plain

写真:レジデンツ(王宮)

f:id:izmy2009:20170824091605j:plain

写真:入口に入るとライオンと戦う様子の彫刻がお出迎え

ここは館内写真OK。広い、とにかく広い!順路に沿って部屋をみたが、あまりの多さに段々クラクラしてきた。 

レジデンツ内に教会・礼拝堂・劇場があり、当然ホールもあった。どれだけのお金が注ぎ込まれたのだろう…と考えてしまった。 

f:id:izmy2009:20170824173156j:plain

写真:レジデンツ内にある劇場

遅めの朝食を済ませたら、自由行動。まず市庁舎の塔に登った。塔の上にはエレベーターで登っていく。景色はそれなりに綺麗だったが、バーゼルの大聖堂の塔の後だと感動が薄い。人が大勢いたこともあり、早々に降りた。 

f:id:izmy2009:20170824195340j:plain

写真:市庁舎からの眺め。ツインタワーは聖母教会。


次に行ったのはルードヴィヒ二世の遺体が安置されているミヒャエル教会。地下の霊廟を見学した。王家の遺体がそれぞれの棺に収められている。誕生年と死亡年の記載があり、中には0歳で亡くなった子も…小さい棺をみてひとりしんみり。

f:id:izmy2009:20170824153550j:plain

写真:ミヒャエル教会内部。早朝には閉じていた霊廟入口の扉。

次に向かったのは市内から少し離れたニンフェンブルク城。ガイドブックに乗っているトラムが走っている停留所に着いたが、来る気配がない。良くみたら工事中で運休だった。市電を乗り継いで向かった。

f:id:izmy2009:20170824212641j:plain

写真:ニンフェンブルク城


ニンフェンブルク城は庭も建物も広く圧倒された。日本語のオーディオガイドがあったため借りた。レジデンツの後だったため見学にどれだけ時間がかかるんだろう?と思ったが、見学エリアが限定されていたため、それほど時間はかからなかった。城主は今でも住んでいるらしい。

f:id:izmy2009:20170824220744j:plain

写真:城内の美人画コレクション。オーディオガイド(日本語)の説明が面白かった。

 喉が渇いた。コンビニや自動販売機はない。アイスクリーム屋さんでヨーグルトアイスクリームを頼んだ。ものすごく美味しかった!

f:id:izmy2009:20170824154024j:plain

写真:暑い中のアイス!

残りの時間はお土産を買いに。色々買い込んだ(^^;

ホテルに戻り、ミュンヘン中央駅からリムジンバスに乗り約40分。ここで悲劇が。アイスに続いて、カフェでチョコレートパフェを食べてしまい、バスの冷房でお腹が急激に痛くなってきた。バスの中で冷や汗が出てきた。早く着いて、着いて・・・!!

バスが空港に着くと、スーツケースを友人に託してトイレへ一直線。なかなか見つからず、焦りが募る。脇目も振らずトイレを探して走り回る。ようやく見つけたトイレ。危なかった・・・

空港の荷物チェックでコーヒー豆が引っかかった。その前の友人もコーヒー豆で引っかかったので、係員が「またコーヒー!」と。思わず「だって美味しいから」「ドイツ語話すの?」「はい、少し。これは美味しからどうしても買いたかったんです」「Super!(ズーパー)」と、最後まで和やかに会話できた。 

f:id:izmy2009:20170825173556j:plain

写真:お土産の数々

毎回の事ながら、旅行は気づけばあっという間。ドイツ語のシャワーを浴びて幸せなひとときだった。