始まりの景色

子育て・仕事・最近の活動など。気ままに、気ままに。

星野源 Live Tour 2017『Continues』in さいたまスーパーアリーナ(9/9)に行ってきました

コンサートとライブの違いが分からないのですが・・・

これまで

プリプリ(1989年頃)→カウントダウン(1989年頃)→ミスチル(1994年頃)→スペースシャワーTV主催フェス(2005年)

の4回のみ。

実に12年ぶり。

星野源さんの「SUN」が好きで、ライブが楽しそうで、今回、シリアルナンバー枠で応募。でも外れる。注釈つきで応募、外れる・・・と諦めかけていたところで追加公演。「Family Song」を購入して再び応募してみた(シングルCDをディスクで買ったの、何十年ぶり?という状態)。

旅行中に届いた当選のメール。やった!と小躍りして、入金期限の帰国日に、疲れた体に鞭をうちローソンへ直行。

チケットは電子チケットを選択。

一人は心細いので、長女を誘った。

公演が近づいてきたら、チケットが届いていた。

400レベル・・・?意味が分からず、さいたまスーパーアリーナのサイトで席を確認。スタンド席、ということが分かった。

開場が2時間も前からなの?

長女「開演間近に来ると入るのに時間がかかったりするから、早めに開場するんだよ」

私「なるほど」

開場時間に合わせてさいたま新都心駅へ。既に駅も会場付近も多くの人で賑わっていた。

ここへきて、ローチケを確認しようと思ったら、「最新にアップロードしてください」のメッセージ。自動アップロードを止めているために起きたミス。激しく動揺する私。長女「落ち着いて。フリーwi-fiを探そう」

フリーwi-fiに繋いで最新版に更新。ようやく一安心。

物販や写真ブースをスルーして会場入口に到着。

人は並んでおらず、予想外にスムーズに入場できた。

物販をスルーしていたのだが、会場の廊下でTシャツとニセ明ボールペンを売っていて、ついボールペンを購入した。

写真ブースをスルーしていたのだが、ニセ明さんのフォトスポットがあり、つい写真を撮った。

f:id:izmy2009:20170909163010j:plain

席につくと開演までまだ1時間半もある。二人で本を読んだりしてすごした。

開演の18時になっても始まらない。「始まらないねえ」「どうしたんだろうね」と話していると場内が暗くなってきた。

ボイスドラマからスタート。

続いて源さんのマリンバ。客席から米粒程度しか見えないが、スクリーンのお陰で表情がよく見える。わあ、本物だ・・・!!と感無量。

一曲終わって源さんが挨拶。「今日は物販が混んでいたりしたので開演を遅らせました」と説明。

スタンド席は数人しか立っておらず、他の人は皆座って聞いていた。落ち着いた曲が多かったこともあり、私も座って手を叩いて鑑賞。

スタンド席は全体がよく見渡せ、音もそれほど煩くなく、なおかつ自分が歌っていても気にならないほど。

一流ミュージシャンからのメッセージ・・・という余興(?)で笑った。特にバナナマン

サブステージの存在に気がつかず。

長女「あれ、誰か歩いていない?」

私「本当だ。・・・源さんだ!近づいてきた!」

と、興奮。サブステージでは弾き語りで向きを変えて3曲歌った。

ステージが回転している間とか、源さんがペコペコとお辞儀してスタッフやお客さんに気を遣っているのが可愛らしかった。

後半に入り、「時よ」のイントロが。

もう我慢できない!と立ち上がった。周りもこの曲から立つ人が多かった。

踊って歌って、夢のようだった。

続いての曲が「GAG」。GAG!?驚いた。これもテンポの良い曲。

そして「SUN」キター!もう大好き、大好きなんです!!

次は「恋」!源さん「皆さん、踊ってください」はい!恋ダンス、マスターした甲斐があった!サビ以外も踊るわ、私!!

そして「Week End」源さん「これは好きに踊ってください」はい!とにかく踊らせていただきます!!

はぁ、はぁ・・・というところで、源さん「皆さんに悲しいお知らせがあります。次がラストです。」えー!!

源さん「アンコールをやります!最初に・・・」と、丁寧にアンコールの仕方をレクチャーしてくれた。いい人だ、いい人だ・・・

アンコールの最初はニセ明さん。本物のニセさんだ!再びサブステージなので良く見える。歌そっちのけで投げキッス祭り。面白いなぁ。

続けて「恋、をまだ買っていない人?ぶっ飛ばすぞ!!」にも笑った。

f:id:izmy2009:20170909163035j:plain

写真:ラクダに乗ったニセさん

ニセさんがバイトのために退場して、しばらくすると源さんが再び登場。

源さん「Family Songを歌います!」やった!アンコールが一曲増えた!!生歌で聞ける幸せ・・・

そしていよいよ本当にラストソング「Friend Ship」この歌もいい歌・・・歌も良いし、最後にギターをかき鳴らす源さんが本当に楽しそうだった。

最後まで源さんはお客さんに気を遣い、本当に良い人だった。

ハァ・・・気づいたら3時間半ほど。夢のよう。

長女ちゃんは何が良かった?「ボイスドラマでマモの声を聞けたこと」

そこ!?